カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 予防 >
  5. 生活習慣 >
  6. 発作を起こさないための入浴と食事の順番

生活習慣病

発作を起こさないための入浴と食事の順番

img_5063f4a00f667.jpg

 
熱~いお風呂が大好きな方もいらっしゃると思いますが、高血圧の方にとって熱~いお風呂は命取りともなりかねない危険な場所です。
また、高血圧の方は、食事と入浴の順番にも気を配らなければいけません。
そこで、食事と入浴の順番とポイントについてご紹介します。
 
 
■食事の前に入浴する習慣を身に付ける
 
食事の後は血液が、消化器に集まり、脳や心臓に流れる量が減っています。
そのため、食後すぐに入浴すると、急に血圧が上がり大変危険です。
どうしても、食後のお風呂の時には、最低でも消化の為、2時間休んでからお風呂に入りましょう。
 
■お湯に浸かるのは胸まで
 
お湯に肩までつかると、胸までの時よりも少し息苦しさを感じると思います。なぜかというと、水圧がかかっているからなのです。
 
お風呂のお湯を少な目にするか、もしくはお尻の下に台などを置いて、両手で浴槽を支えるようにすると良いでしょう。
 
浴槽から出る時も、いきなり立ち上がらずゆっくりとした動作で行うようにすることが大切です。
 
■お湯の温度は40度くらいを目安に
 
40度くらいの温度のお湯は、血管の拡張を促し、降圧作用が働きます。しかし、42度を超えるような熱いお風呂は、血管が収縮し血圧の上昇を招きとても危険です。
お風呂のお湯は40度を目安にするようにしましょう。 
 
■お風呂に浸かる時間は5分程度
 
降圧作用があるからといって、ずっと湯船につかっていた方が良いか?というとそうではありません。
長く浸かりすぎると、今度は血圧が下がりすぎてしまうのです。血圧が下がってしまうと、浴槽で立ち上がった際に、めまいなどをおこし危険です。
お風呂に浸かる時間の目安は5分を目安にするようにしましょう。
 
(Photo by //futomomodiet.net/kouka-up/massage-method.html)

著者: ナムルさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する
おすすめ記事

ストレスが血圧を上昇させる!ストレス解消をして血圧をコントロールしよう

  1. 生活習慣病
  2. 高血圧
  3. 予防
  4. 生活習慣

ストレスは、血圧の上昇と深い関連があります。ところが血圧が高めで、食事などに気をつかっている人でも...

睡眠不足の隠れた影響!?「よい眠り」は高血圧・糖尿病を予防する!

  1. 生活習慣病
  2. 高血圧
  3. 予防
  4. 生活習慣

人間は一生のうちの3分の1~4分の1の時間を、「睡眠」に費やしています。 ですが、実際には熟睡して...

生活習慣に関する記事

こんな生活習慣をしている人は要注意!高血圧になりやすい生活

  生活習慣病である高血圧は、普段の生活習慣や食生活が大きく影響していると...

性行為での興奮状態が高血圧の誘因になる?

  日常生活の中で血圧が上がる瞬間というのはたくさんあります。その瞬間に血管が...


高血圧の高齢者の方が運動以外に日常生活の中で注意すべきこと

  高齢者の方の高血圧では、温度差や水分不足などといったちょっとしたことが...

舌の筋トレで高血圧や無呼吸症候群を予防

  ■血流は酸素の運び係であり、その関係から血圧と呼吸は非常に密接に関わってい...

カラダノートひろば

生活習慣の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る