カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 便秘 >
  4. 食べ物 >
  5. 乳糖不耐症は食事療法で治せる?症状を起こしにくい乳製品で、体を慣れさせよう

女性のカラダの悩み

乳糖不耐症は食事療法で治せる?症状を起こしにくい乳製品で、体を慣れさせよう

『乳糖不耐症』という症状をご存知でしょうか?これは牛乳などに含まれる、『乳糖』という二糖類の甘味料を摂取した際に、それを分解するラクターゼという酵素が欠乏しているため、下痢を引き起こしてしまうという症状です。

 

日本での罹患者は全体の約8割程度であると言われています。中にはこの疾患であるという自覚なしに、「体質だから牛乳が飲めない」と牛乳や乳製品に距離を置いている方は少なくないと思います。

 

乳糖不耐症は、先天性、遅発性、後天性によるものの3タイプがありますが、軽度である場合昔からの民間療法である「牛乳を出来る限り飲んで体を慣れさせる」と言う方法も、ある程度症状改善に有効とされています。

 

その場合、「やや低めの乳糖含有率を持つ乳製品」が使いやすいとされています。

 

乳糖不耐症の起こるメカニズムとは?

 

乳糖不耐症は大きく分類して「先天性」「後天性」によるものに分けられます。

 

■先天性乳糖不耐症

遺伝的に乳糖分解酵素を持っていない。

 

■後天性(二次性)乳糖不耐症

小腸粘膜が傷害(ウイルスや細菌による腸炎などで)されることで、乳糖分解酵素活性が低下している。

 

乳糖が比較的低含有な乳製品って?

 

牛乳は豊富に乳糖が含まれており、腹痛・下痢症状を起こしやすくなりますが、次の3点の乳製品は比較的低含有であると言えます。

 

■ヨーグルト

■乳酸菌飲料

■チーズ(熟成したものを選ぶと乳糖含有量が少ない)

 

⇒ヨーグルトは牛乳に比べ乳糖の約30%が分解されているなど、低含有で摂取してもお腹を下しにくいといえます。また補助的な作用として、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内でラクターゼを産生し、乳糖の分解を助ける作用を発揮します。

 

乳糖不耐症が起こりにくい「チーズ」の見分け方は?

 

チーズは、熟成度合いが高いものほど乳糖不耐症を起こしにくいといえます。

 

<熟成度合いが高いチーズとは?>

■形状

柔らかくなるもの、乾燥してひび割れるものなど

 

■色味

黄色がかるもの、ほとんど変化がないものなど

 

⇒モッツァレラやマスカルポーネなどのフレッシュチーズは「非熟成」タイプですので、より熟成したものを摂取したい場合はお勧めできません。

 

最後に

 

初めのうちは、乳製品に対して体が順応しないようでも、毎日少量づつを継続して摂取することで、日を追って乳糖不耐症は改善していくとされています。但し、重度の方や、体調不良が続く場合は一度中断するか、医師に相談することが必要です。

 

(photoby:足成

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食べ物に関する記事

理想は「赤ちゃんの腸内環境」

  便秘知らず・下痢知らず、そんな理想的な腸内環境とはどんなものなのでしょうか...

【クロレラ】は腸内環境・便秘改善をサポート

肌のトラブルや肩こり、トラブルの原因は便秘?   夏になると何となく疲れが取...


お豆は便秘の救世主?一足先に♪春の豆ご飯で腸美人!

【レシピ】豆ご飯   えんどう豆には食物繊維がたっぷりで、お腹の調子を整えま...

腸内環境改善大作戦~プチ断食編

  「腸に良い食べ物はこれ」「腸内環境を整える食品」などといわれますが、「...

カラダノートひろば

食べ物の関連カテゴリ

食べ物の記事ランキング

人気体験談ランキング

女性のカラダの悩みのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る