カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯磨き >
  5. ママさん必見!放っておくと危険?万病の元「虫歯」から子供を守ろう

気になる病気・症状

ママさん必見!放っておくと危険?万病の元「虫歯」から子供を守ろう

 

昔歯科医院で働いていたころ、お母さん達から乳歯の歯磨きについてよくご質問をいただきました。
その中でも多かったのが「歯みがきをイヤがらないようにするには?」でした。

 

お子さんが健康な歯に育つように一緒に考えてみましょう♪

 

 

 

【 乳歯の歯みがきはいつから? 】

 

 

 最初の乳歯(下の前歯)が生えたら始めてください


雑誌などにも書いてあるからか最初はガーゼでやっている方もいるようなのですが、初めからブラシの方がイヤイヤが始まる前にブラシに慣れてくれるのでオススメです。

 

 

 

【 とにかく優しく 】

 

 

 歯ぐきはやわらかいです。
テレビCMの歯ぐきのイメージでトマトがでてきますが、お子さんの歯ぐきは皮のないトマトだと思って優しくみがいてください。

 

 誰だって痛いのはイヤですよね?赤ちゃんだっていやです!
こちらは痛くしてるつもりがなくても、敏感な口の中に対して知らないうちに必要以上の力をかけていることがあります。
それではイヤがられて当然です。
とにかく優しく丁寧に!

 

 

 

【 子どもにやらせない 】

 

 まず、私が勤めていた医院では「お子さんに歯ブラシを持たせる」事をやめてもらっていました。

 

 「歯ブラシや歯みがきに慣れさせる」といった目的で自分用の乳歯ブラシを持たせてる方が多いのですが、乳児のうちはブラシをあむあむ噛んでブラシの毛が広がってしまうだけでなく歯ぐきも傷つけてしまうのです。


 ヘッドがゴムでできている物を与えている場合でも、普通のブラシとゴムのブラシでは感触が全く違うので普通のブラシに変えたとたんに嫌がるケースが多いです。
 髪の毛やそれより細い糸くずが1本入っただけでもわかるほど感覚の鋭い口の中ですから、赤ちゃんも敏感に反応します。


 それから自分でやっていると「磨けたからいい!」などイヤイヤが始まってから仕上げみがきが難しくなってきますが、その点、最初からお家の方がやる習慣になっていれば嫌がることなくやらせてくれます。

 

 それに正直大変ですよね。
 乳児のうちは1日に4・5回みがくのがベストですが、それを毎回本人がやってお家の方がやって…と時間がかかるのでストレスになります。
 これは怠けてるのではなく、毎日毎回ちゃんとやってあげるにはこちらもやりやすい状況の方がよいという事なんです。

 

 

 

必ず来てしまうイヤイヤ期でも、スタートから正しく対処することで軽減することができます。
楽しい雰囲気も大切です!笑顔も忘れずに♪

 

 

 

 

 

(Illustration by: [//kids.wanpug.com/illust/illust1258.png])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯磨きに関する記事

口の中には300〜500種類の細菌が住んでいる?!歯周ポケットにいるばい菌たち

  歯周病は、口の中に住みついている菌が歯周ポケットに入り込み、炎症をおこ...

効果的な歯みがきは自分に合った歯ブラシ選びが大切!~歯ブラシの種類と特徴~

    毎日の歯磨き、十分にできている自信がありますか?正しい効果的な歯...


乳歯をむし歯から守るには?本数別みがき方のコツ

      色んな方とお話する中で、お子さんの歯のみがき方がわからず毎回違...

歯周病は全身性疾患の原因だった?~歯周病菌がまき散らす内毒素

歯周病菌がまき散らす内毒素(エンドトキシン)の恐さとは? 皆さんは、歯周病...

カラダノートひろば

歯磨きの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る