カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 治療方法 >
  5. その他 >
  6. まずは読んでみて!不安は「抑える」のではなく「鎮める」もの?

メンタル

まずは読んでみて!不安は「抑える」のではなく「鎮める」もの?

 

不安や恐怖の対象を失くしてしまうことは容易ではありません。

また、治療を開始してもすぐに不安や恐怖に立ち向かえるようになるわけではありません。

これらを「うまくやりすごす」手だてを知るのも、社会不安障害の改善の助けになります。

 

・心を落ち着かせる呼吸法

 

腹式呼吸で深い呼吸をすることは酸素の供給を増やしたり自律神経のバランスを整えたりと、様々な効果があります。

ポイントはまず息を吐ききってからスタートすること。

ゆっくりと息を吸って一旦息を止め、さらにゆっくりと息を吐き出します。

 

・身の回りを整理する

 

周囲がごちゃごちゃとしていると心まで煩雑になりがちです。

また整理整頓に没頭することで良い気分転換になります。

片付けることによって勉強や仕事など次の作業に取り組みやすくなり、自信にもつながります。

 

・ガムを噛む

 

咀嚼することは脳でセロトニンの分泌を促し、不安や恐怖を軽減させてくれます。

気分もリフレッシュできる他、集中力が増すので別のことに没頭して不安な感情をおしやることができます。

 

 

これらの方法は薬物治療と認知行動療法と並んで大切な「生活の改善」の1つとも考えられます。

 

どれも簡単なことですから、まずは不安で頭がいっぱいになったらどれかをやってみるようにしましょう。

不安に負けないように日頃から実践していくのも効果的です。

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2009/12/07-032167.php)

著者: れなあどさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

自分を癒すにはまず人を癒すことが大切!共感脳でうつ病対策

    ■人は他人の気持ちを共感できる機能を持っています。それによって相...

原因薬の服用後に発症!セロトニン症候群の主症状について

  セロトニンの過剰分泌によって起こるセロトニン症候群。その症状は大きく3...


座禅でうつ病を追い払う

    ■うつ病を改善する方法にはいろいろありますが、 そのほとんどは...

けいれんECT治療と何が違う?無けいれん療法でのうつ病治療

電気けいれんECT治療とは、頭に電流を流し、特定の部分に刺激を与えることでう...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る