カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 社会不安障害 >
  4. 患者だけでなく、周囲の理解が大切!あがり症・対人恐怖の症状

メンタル

患者だけでなく、周囲の理解が大切!あがり症・対人恐怖の症状

 

ここではあがり症対人恐怖についてご紹介します。

 

<あがり症について>

 

自分があがり症だ」と思っている人は少なく無いはず。

人前であがりやすい、という程度では心配ありませんが極端にあがってしまう場合は社会不安障害の一種である可能性があります。

 

仕事上人前で何かしなくてはならない時やちょっとした雑談でも緊張して頭が真っ白になったり、心臓が止まりそうになったり、緊張や不安でうまく振る舞えないようなことはありませんか? それで終わった後もぐったりしてしまったり、眠れないほど落ち込んでしまう場合もあります。

 

<対人恐怖について>

 

対人恐怖は「自分が相手に不快感を与えているのではないか」と思い込み、他人との接触や人の存在自体が怖くなったり不安に思えてしまいます。

 

その不安や恐怖と緊張が高まった結果、震え冷や汗息苦しさ赤面と言った症状が起こります。

また過度のストレスで現実感が薄くなってしまうこともあります。

あがり症や対人恐怖は単なる性格だと考えがちですが、日常生活に支障が出るほどのものはれっきとした社会不安障害

医療機関を受診して治療に努めましょう。

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/12/24-374424.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

社会不安障害に関する記事

社交性不安障害と勘違いされやすい病気

  社会不安障害と症状がよく似ていても、実際は別の病気が原因であることがありま...

正しく知ろう!社会恐怖症とパニック障害にある意外な関係性とは

    恥ずかしい思いをすることを恐怖と感じている方は「社会恐怖症」という精神病...


強過ぎる防衛反応が原因?社会不安障害の原因

  不安や恐怖を感じるのは誰にでもあること、人間が命を守る上で重要な役割を示しま...

社会不安障害の診断の流れ

  医療機関での診察は一体どのような流れで行われていくのでしょうか? ここで...

カラダノートひろば

社会不安障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る