カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 社会不安障害 >
  4. 軽視していない?赤面恐怖は自律神経のバランスが原因だった!

メンタル

軽視していない?赤面恐怖は自律神経のバランスが原因だった!

ストレスや不安、緊張で顔が真っ赤になることはありませんか?顔の他にも耳や首まで赤くなったり、ほてりが起こることもあります。

 

なぜ顔が赤くなってしまう?

赤面の原因は実は未だ解明されていない部分もあるのですが、現在最も有力なのは「交感神経の過度な高ぶり」という説です。赤面と共に汗が止まらなくなったり心臓がバクバクしてしまうのはこのためです。

 

赤面症の人は自覚している場合が多く、また他人から指摘されることによって余計に意識してしまい、緊張が高まってしまうのです。

 

その緊張やストレスが続くと、赤面恐怖になってしまう場合があります。

 

赤面していている時はもちろん、実際はそんなに赤面していないときでも「恥ずかしい!」「緊張が周りにわかってしまう!」と恐怖心がつのり、その場を逃げ出したくなるほどいてもたってもいられなくなってしまいます。

 

赤面症の対処

赤面症の改善には自律神経のバランスを整えるような生活を心がけることも大切です。他の社会不安障害と同様に、セロトニンの働きを正常化させることが有効であると言われています。

 

手術によって治せる場合もあるので、医療機関で相談してみると良いでしょう。

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: 葉言葉さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

社会不安障害に関する記事

社会不安障害の基本症状と診断基準

  人前で緊張したり何かを不安に思うこと自体は病気ではありません。 人によっ...

考え次第で健康に近づく?治療は成長であると考えてみよう

  不安や恐怖に悩まされる生活を長く続けていると、つい自分に自信が無くなってい...


首のストレッチでセロトニンの分泌を応援!

  社会不安障害改善のために増やしたいセロトニンの分泌。 脳と密接に関係して...

病は気から!根気づよく、前向きな治療が身体にもいいワケ

  社会不安障害は言わば心身のバランスが悪循環に陥っている状態で、人によって症...

カラダノートひろば

社会不安障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る