カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. あなたの腰痛、もしかしたら骨盤のズレが原因かも?PMSと体のゆがみの関係!カルシウム豊富レシピも!

女性のカラダの悩み

あなたの腰痛、もしかしたら骨盤のズレが原因かも?PMSと体のゆがみの関係!カルシウム豊富レシピも!

  

 エクササイズやダイエットをいくらやってもなかなか思うように痩せないという経験をしたことはありませんか?

 

その原因は骨盤のゆがみに問題があることが多々あります。

 

骨盤のゆがみ

 骨盤のゆがみは骨盤の問題にとどまりません。骨盤のゆがみが原因となって引き起こされる体の問題は以下の通りです。

肩・腰・背中が痛む

目が疲れやすい

体がだるい

生理痛や便秘

下半身肥大

 しかし、この問題は骨盤の形やズレ方に個人差があるため、どれ一つとっても同じではありません。

 

顔や体型のくずれも生活習慣や癖、姿勢によって骨盤がゆがむことに関わっています。

 

骨盤のズレを戻す方法

猫背にならないように正しい姿勢を心がける

歩く時には、肩の力を抜き、腕は体の後ろに大きくふるようにする

両手両足を均等に使うように心がける

足を組んで座らない

腹筋・背筋を鍛え、内臓を正しい位置に戻す

カーヴィーダンス

骨盤矯正治具(ベルト・クッション・コルセット)

 女性は出産後に骨盤がズレてしまうことが多いので、正しい位置や場所に骨盤を戻す必要があります。

 

正しい姿勢をし続けること、腹筋の強化、左右対象の力加減を意識して、骨盤を治し、これまで悩まされていた腰痛・頭痛・肩こりなどの問題を解決しましょう!

 

 

骨盤は体の土台!PMSと体のゆがみの関係

骨盤のゆがみは、女性の体に様々な悪影響を与えてしまいます。

PMSもその骨盤からくる体のゆがみが、大きく関係しています。

 

実は女性の骨盤は、生理周期によって形が変化しています。

月経前は背骨のカーブの仕方も通常と変化しているのです。

骨盤の開き具合も変わるので、腰痛や腹部の違和感が出るのは当然とも言えます。

 

・脚を組んで座る

・正座をすることが多い

・ヒールを履く習慣がある

・立つときに片方の足に体重をかける癖がある

・椅子に座るとき、浅く座って背もたれに寄りかかる癖がある

・仰向けで寝ると落ち着かない

 

PMSに悩む方の中で、このような習慣がある人は骨盤が歪んでいるかもしれません。

両足を揃えて前に伸ばし、座ってみましょう。

左右の脚の長さが違うと、骨盤が歪んでいるサインです。

整体やカイロプラティックでの治療をすることでをおすすめします。

 

私は生理前の腹部の張りや痛み、腰痛をよく感じます。

やはり両足の長さが揃わず、かなりのO脚。

骨盤のゆがみは明らかなので、PMSとの関係があることも自覚しています。

 

PMSの他にも、体の不調が同時に改善されていくはずです。

是非専門の治療院などで、体の骨のバランスを診てもらってください。

 

 

長時間座りっぱなしだと下腹が…骨盤ウォーキングで姿勢を正そう

 健康維持のため、昨今はウォーキングを行うことが流行になり、ウォーキングシューズなどを購入して頑張る方が多いかと思います。

しかし、長い時間歩くと疲れや・体のどこかに不調を訴える方を見かけます。

また、働き盛りの女性はディスクワークを長時間行い、座ったまま6時間以上仕事をする方も少なくありません。

長時間座ったままでいると、体調を崩しやすいのも事実です。

 

こうした女性に共通していることがあります。それはどの方も下腹が出てしまっているということです。

 

下腹がでる原因

下腹が出るということは、あるべき位置に内臓が納まらないということで、次の原因が考えられます

腹筋や背筋の低下

姿勢の崩れで、骨盤がゆがんでしまった

骨盤を戻す方法はいろいろありますが、今回は日常の中で簡単にできるウォーキングをご紹介します。

 

骨盤ウォーキングの方法

進行方向へおへそからまっすぐなラインを引くイメージをします

イメージしたラインからおへそと頭の位置がズレないように意識しながら歩きます

また、骨盤が前後左右にブレないようにします

この時、足や腕はあまり意識しないでください

骨盤と肩甲骨がブレないように意識します

体幹を保ち、歩行する

 以上のポイントを押さえ、20~30分を目安にウォーキングします。

 

骨盤ウォーキングの効果

腹横筋・骨盤底筋を使用し、体幹を安定させることができる

腰痛・肩こり・外反母趾を予防する

たるんだ下腹を引き締めます

 体幹を意識する骨盤ウォーキングを毎日少しずつ行うことで、姿勢を正し、骨盤を正常な位置に戻すことで、健康な体作りを行いましょう。

 

 

カルシウム豊富レシピ☆シシャモのごまソテー・サルサソース

カルシウム不足からおきる骨粗鬆症は、老化だけでなくダイエットでや加工食品の摂取でも、深くかかわってきます。骨ごと食べられるシシャモのレシピは、一日のカルシウムの所要量の半分くらいがとれ、ごまの風味で魚の臭みも気になりません。

 

 シシャモのごまソテー・サルサソース

【材料】

・シシャモ・・・4匹

●水溶き片栗粉・いりごま

 

〈サルサソース〉

・トマト・・・小1コ

・玉ねぎ・・・20g

・パセリ(みじん切り)・・・少々

・レモン汁・・・小さじ2

・ホットペッパー・・・少々

・塩・コショウ・・・各少々

 

【作り方】

1.サルサソースを作る。トマトはヘタを除いて粗みじん切りにして水にさらし、他の材料を加えて混ぜる。

2.シシャモは、水溶き片栗粉、ごまを順につける。フライパンにサラダ油(オリーブ油)小さじ2を熱し、ししゃもを両面焼きにする。

3、器に盛り、サルサソースを添える。(画像では上にかけていますが、シシャモをパリッとさせていた方がおいしいです。)

 

シシャモは、カルシウムが豊富で手軽に食べられるので、育ちざかりの子供さんや高齢者の方にもおススメです。特に女性は、カルシウムを蓄積する量が少なく、妊娠や授乳でも失われてしまいます。さらに、閉経後、骨密度が減少するなどで骨粗鬆症へとつながっていきます。骨の量が減り、スカスカになると改善が難しく、背が縮んだり、骨折や腰痛を引き起こす原因となったりします。

 

加工食品やインスタント食品に含まれるリンは、せっかく摂取したカルシウムを排泄させてしまうので、過剰摂取は要注意です。

骨づくりの為に、日光に当たったり、運動も必要ですが、日頃の積み重ねが大事ですね。

 

(Photo by: 著者)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-12掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

病気・症状(女性特有)に関する記事


もしかして子宮筋腫かも・・・と思ったら!子宮筋腫のセルフチェック項目と検査方法

月経痛や貧血、性交痛はありますか。もしかしたら子宮筋腫の症状かも知れません。...

乳腺エコー検査の費用はどれくらい?乳腺症って?良性?悪性?胸の腫瘍の詳しい検査は?

  乳がんの検査などでおこなう、乳腺超音波検査。何も異常がないと思っていたにも...

カラダノートひろば

病気・症状(女性特有)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る