カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 認知症 >
  4. アルツハイマー >
  5. 予防 >
  6. その他 >
  7. 前頭葉を鍛えてボケの進行を防ぐ

介護・認知症

前頭葉を鍛えてボケの進行を防ぐ

 

 

 ボケは、その本人にとって耐え難いことである以上に、それを支える家族にとっても、とても大きな問題です。

ボケによる問題点としては、以下のことが考えられます。

  • ボケる本人の尊厳が傷つく
  • ボケた老人を支える家族の労力・費用
  • その家族の精神的負担

  脳が老化することは誰にでも訪れることです。

しかしながら、近年研究され解ってきたことは、努力することでその進行を遅らせたりすることが可能だということです。(脳の状態ですべてに適用するわけではありません。)

人間が考えたり、物事を判断したりするには脳の前頭葉というところを使っています。

この前頭葉を鍛えることで脳の活性化が行われます。

前頭葉を鍛える

  • 簡単な計算をする
  • 簡単な音読を行う
  • できるだけ自立して何でもできるように意識する
  • を歌う

効果

前頭葉を鍛えることで以下のことが起こっています

  • トイレに行けない人が、自立してトイレに行けるようになった
  • かなりボケていたのに、意識がはっきりした

 現在、研究はまだ進められていますが、実際の自治会単位などでも、従来のボケ予防の他に、前頭葉に刺激を与えるような試みを行っているところもあります。

前頭葉を刺激する簡単な計算歌を歌う・手指をしっかり動かす等を行い、ボケを予防することで、心豊かな老後を目指したいものです。 

 

 

 

(Photo by: 著者)

 

著者: isasakaさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

将来ボケるかどうかはあなた次第!ボケないための生活習慣を教えます

   花の名前が、なかなか出てこなかたり、人の名前が想い出せないことはありません...

アルツハイマーの危険因子と保護因子

アルツハイマーの原因となる原因“危険因子”は自分でコントロールできるものと年齢や...


アルツハイマー型認知症になりたくない!今からできる予防方法

      アルツハイマー型認知症は、今のところ、完治の方法が分かっていな...

携帯を使った簡単暗算法で脳を鍛えよう!

  携帯を使った簡単暗算法で脳を鍛えよう!   何か物を書いたり、難解...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る