カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 認知症 >
  4. アルツハイマー >
  5. 予防 >
  6. 運動 >
  7. ボケを防ぐ運動とは?4つの生活習慣がカギ!

介護・認知症

ボケを防ぐ運動とは?4つの生活習慣がカギ!

 

親や自分自身が年を重ねると、やっぱり心配になるのがボケです。自分は絶対にボケないという確信は誰にもありません。

 

ボケに影響しているのは、本人の職業・性格・生活習慣の影響が大きいと言われます。

職業・性格は変えることは難しいので、如何に生活習慣を良いものにするかで今後のボケ方がきまってきます。

 

4つの生活習慣がカギ

  • 魚・野菜・果物を多めにした食事
  • 一日30分以上の定期的な運動
  • タバコ・お酒はほどほどに
  • 頭をよく使う

適度な運動でボケを予防する

 車やエレベーター、科学技術の進歩でとても便利な世の中になりました。

しかし、私たちは40年前に比較してその運動量がそれまでの40%以下に低下する深刻な運動不足を呈しています。

週一度まとめて長時間運動するよりも、一日30分の短時間でいいのです。毎日体を動かしましょう。

しかし、子育てに疲れ、仕事に疲れ、家に帰って運動することはとても難しく思えます。

そこで以下の運動を考えて下さい。

 

生活の中での運動

  • 近所のスーパーに行くのに、車は使わず歩いて行く。また、ちょっと遠くの特売しているスーパーに歩いて行く
  • バス停を一つ手前で降りて、一駅分歩く
  • テレビのリモコンを使わず、自分でテレビまで歩きチャンネルを変える
  • いつもの散歩道ではなく、毎日のように散歩道を変えて脳を刺激しましょう

 

 特別な運動ではなく、無理なく毎日30分程度緩やかな運動が効果的になります。自然体でボケを生活の中で予防していきましょう!

 

 

(Photo by: 著者)

 

著者: isasakaさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

運動に関する記事

認知症予防にも運動が大切

ある研究によると、日常的な運動によって、高齢になってもその認知機能の低下を抑え...

アルツハイマー型認知症の予防は脳も体も一緒に鍛えることが効果的?!

    以前、テレビで放送されたもので、「アルツハイマーを食い止めろ」という...


気をつけるのは握力&歩行速度

ある調査によると、握力や歩行速度が低下すると認知症を発症しやすくなると言われてい...

認知症予防に手遊びを

  ■認知症を予防するためにも有効なのが手遊びです。指は第二の脳とも呼ばれるほど...

カラダノートひろば

運動の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る