カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯磨き >
  5. 乳歯をむし歯から守るには?本数別みがき方のコツ

気になる病気・症状

乳歯をむし歯から守るには?本数別みがき方のコツ

 

 

 

色んな方とお話する中で、お子さんの歯のみがき方がわからず毎回違うみがき方をしている人が多いことがわかりました。


ここではそんな方にとってお子さんの歯みがきの基本形となるような物をご紹介します。

ご自分のやりやすいようにアレンジしていただいてかまいません。


ピカピカにしてあげましょう♪

 

【 かる~くあてる 】

 

持ち方はえんぴつと同じです。これなら余分な力が入りにくいです。
そして歯と歯のあいだに毛先が入っていくのを確認しながら振動させるようにみがきます。
生え始めたころは隙間が多いと思うので、1本1本みがいてください。


【 乳歯が下の2本 】

 

基本的に下の前歯は唾液の洗浄作用によって虫歯になりにくいので、しっかり磨くというよりはブラシに慣れさせる感覚で行ってください。


【 乳歯が上下4本 】

 

上の歯は唾液が届きにくい上に物がはさまりやすいので丁寧にみがいてあげましょう。
前歯だけといっても歯と歯のあいだはフロスを使ってあげるとより効果的です。


【 乳歯が6本~ 】

 

歯が増えてくると全体に気が散らばるのでみがき残しが増えてきます。
優しくていねいに、歯と歯の間や歯の根元に注意してみがきます。


【 乳歯が10本~ 】

 

奥歯は唾液が出るところから遠いので一番むし歯になりやすいです。
1本ずつみがくイメージで動かしてください。

 

 

 

乳歯だからといって油断は禁物!!
乳歯のむし歯はその下で待っている永久歯に影響します。

歯と歯がくっついているところがあれば積極的にフロスを取り入れてください。

 

 

 

(Photo by: [//kids.wanpug.com/illust/illust3158.png])

著者: さだはるさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯磨きに関する記事

食べてすぐは虫歯になりやすい?!~歯磨きのタイミングについて~

  「食べたらすぐに歯みがき」、これって常識だと思っていませんか?じつは、...

歯周病は全身性疾患の原因だった?~歯周病菌がまき散らす内毒素

歯周病菌がまき散らす内毒素(エンドトキシン)の恐さとは? 皆さんは、歯周病...


口の中には300〜500種類の細菌が住んでいる?!歯周ポケットにいるばい菌たち

  歯周病は、口の中に住みついている菌が歯周ポケットに入り込み、炎症をおこ...

意外と知られていない?歯周病・歯肉炎から考えられる病気

  歯周病の多くはプラークコントロール不全によるものと考えられています。歯磨き...

カラダノートひろば

歯磨きの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る