カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 運動 >
  4. ミネラル補給でこむら返りを予防

健康診断・健康管理

ミネラル補給でこむら返りを予防

 

 ふくらはぎこむら)に起こることが多い筋肉のケイレンなので、「こむら返り」といわれる由縁です。

こむら返りはある筋肉だけが収縮し続ける異常収縮の状態です。

こむら返りの原因

①電解質のバランスの崩れ

体は電解質を使って、神経や筋肉の機能を調整しています。電解質(主にマグネシウム・カルシウム)のバランスの崩れは以下の状態で引き起こされます。

  • 運動や夏期の猛暑での多量の発汗
  • 下痢・嘔吐
  • 妊娠

②筋肉の血行不良

  • 長時間の立ち仕事、歩行による足の筋肉疲労
  • 筋肉が冷やされる
  • 激しい運動
  • 老人・運動不足の人の急激な運動

③その他

  • ビタミンB1不足
  • 糖尿病疾患

 

ではどうやって予防をすればよいのでしょうか。

 

こむら返りの予防

  • 水分補給
  • ビタミンB1の補給
  • 足を保温する
  • マッサージ
  • ミネラルの補給

等が挙げられます。特にここではミネラルの補給について言及します。

ミネラルのなかでもカルシウム・マグネシウムの補給が大切と言われています。

 

 

ミネラルの役目

カルシウム筋肉の収縮する役割を担う。また神経伝達をスムーズにする役目


マグネシウム:刺激を神経を鎮め、筋肉の収縮に関与する。カルシウム量の調節し、筋肉の収縮を正常に保っている。マグネシウムが不足すると、カルシウムの調整が上手くいかず、こむら返りがおこります。

 

カルシウム・マグネシウムは食材からきちんと摂取したいものです。

ミネラルを含有する食品

  1. カルシウム:小魚・乳製品・大豆・ゴマ・ひじき・京菜
  2. マグネシウム:ナッツ類・海藻類・ゴマ・玄米・大豆

 大豆やゴマなどの食材から、ミネラルを摂取するとともに、バランスよく日々の食事からミネラルを補給したいものです。

 

 

 

(Photo by: 著者)

 

著者: isasakaさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

運動に関する記事

インターバル速歩で、通勤・帰宅時の運動量アップ!

  速歩きとゆっくり歩きを数分間で交互に繰り返す「インターバル速歩」。 これが...

できることから運動を始めよう!

    仕事が忙しい人や運動習慣がない人は、運動と言われてもなかなか腰が...


アメリカで人気の吸玉療法とは?

     アメリカのアスリートの間で吸玉療法が流行しています。 カッピ...

生活の質に直結する病気?40歳からはサルコペニアに気をつけろ!

  サルコペニアは筋肉量が低下、筋力が低下することによって生活の質に影響を及ぼす...

カラダノートひろば

運動の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る