カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

気になる病気・症状

大人のアスペルガー症候群!

 

 自分は他の人と違っているという自覚はあっても、自分がアスペルガー症候群のことを知らないために、病気とは意識しなかったということがあります。

社会に出ると、以下のようなことがあったりします。

  • 一生懸命仕事をやっているのに、上手くいかない
  • 相手の説明が上手くできない
  • 人間関係が上手くいかない
  • 周囲から変わっていると言われる
  • 生きにくいと感じる

その結果、初めて「自分はアスペルガー症候群ではないか?」と感じて受診するケースが増えています。

アスペルガー症候群の特徴

  • 頑固・こだわりがある
  • 周りの空気が読めない
  • 反復的な作業が得意
  • 記憶力がいい
  • 仲間と群れない

 個性的な性格とも考えられますが、インターネットの普及にともない「アスペルガー症候群」の認知が高まり、患者数が増加しています。

アスペルガー症候群の原因

現在のところその原因ははっきりしていませんが、解ってきていることを以下に記します。

  • 遺伝子的な要因
  • 化学物質の影響(胎内でダイオキシン・環境ホルモンが影響)

アスペルガー症候群の治療法

 残念ながら、アスペルガー症候群を治す薬は現在のところありません。治療は「本人のつらい症状」を軽減することが目的です。

特にデイケアという手法で次のことが得られます。

デイケアによる効果

  • グループでお互いの悩みを相談できる
  • 作業活動を通じて、社会での対応の仕方を学ぶ
  • 看護師・作業療法士・精神保健福祉士・臨床心理士など多くのスタッフの協力が得られる

 アスペルガー症候群は、子供のうちに発見し、治療を行うことが望ましいですが、現実には大人になるまで気がつかず、過ごしているとも多いです。

大人になってから治療を受ける場合には、大学病院や総合病院の精神科に相談し、的確な治療を行いましょう

 

 

 

(Photo by: 著者)

 

著者: isasakaさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アスペルガー症候群に関する記事

3歳で受けておきたい発達障害の検査「新板K式発達検査」とは?

近年では、昔と異なり発達障害に対する社会の認知度が高まってきたことから、3歳児...

「多系統萎縮症でみられる小脳性運動失調って何?」

多系統萎縮症とは3つの疾患の総称です。その内のオリーブ橋小脳萎縮症の初期症状...


アスペルガー症候群で障害者手帳をもらえるか?

  体や心に障害を持つ方の中には障害者手帳の申請をしたという方もいます。心の問...

アスペルガー症候群患者の恋愛の特徴とは!?

  恋愛は多くの人が体験するもので、アスペルガー症候群だからといって恋愛にまった...

カラダノートひろば

アスペルガー症候群の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る