カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 依存症 >
  4. アルコール依存症 >
  5. 自分は本当に関係ない?アルコール依存症の恐ろしさ

メンタル

自分は本当に関係ない?アルコール依存症の恐ろしさ

 

アルコール依存症は普段飲む人がなると思いがちですが、実は普段飲まない人でもアルコール依存症になる要素を持っている場合があるのです。

 

お酒が弱かった人が最近少し飲めるようになったり、お酒が嫌いな人がお酒の美味しさに目覚めたり、お酒は一口も飲めないといっていた人が宴会で酔いつぶれていたりという経験はありませんか?

 


 

 

アルコール依存症の要素

 

・飲酒でトラブルや失敗をしたことがある
・二日酔いで家事をさぼった経験がある
・飲酒で記憶を失ったことがある
・飲酒した後に後悔する
・飲酒すると、とことんまで飲んでしまう
・酔いから覚めるとまた飲酒したくなる

 

上記に一つでも当てはまる人は、依存症になる要素があるので注意が必要です。

 


 

 

アルコール依存症への経緯

 

機会飲酒

宴会、何かの集まりなどの、機会がある時にだけ飲む程度。

  ↓

周期飲酒

飲酒する時は何日も連続で飲み、そのあとしばらくは飲まないが、また飲み続ける。

  ↓

常習飲酒

日常的にほとんど毎日飲酒し、どんどんお酒に強くなっていく。

  ↓

依存症への境界線

お酒がないと物足りなく感じ始める

お酒の量が増えて、ほろ酔いぐらいでは満足できない。

  ↓

アルコール依存症初期

健康診断などで医師から、または周りの人間からお酒を控えるよう注意される。

飲酒の時間が待ちきれなくなる。

飲酒をしないと寝つけなくなる

アルコールが切れてくると、汗をかいて寒気がしたり、風邪のような症状が出る。

  ↓

アルコール依存症中期

迎え酒をするようになる。

飲酒をするための嘘をついたり、隠れて飲むようになる。

飲酒が原因で起こるトラブルが多くなる。

お酒の量を控えるよう、試みるけれども成功しない。

  ↓

アルコール依存症後期

連続飲酒…お酒以外のものをほとんど口にせず、常に体にある程度のアルコールを入れておくために、数時間おきに飲み続ける。

離脱症状…アルコールを飲んでいない時に、不快な身体的・精神的症状に襲われる。

肝臓やその他の疾患が悪化し、社会生活・日常生活が困難になる。

 


 

 

アルコール依存症は、アルコール依存への道に知らない間に踏み入れている場合がほとんどです。

最近では若年者のアルコール依存症が増えてきています。

 

機会飲酒でとどめておくことが理想的ですが、現代社会はストレスやお酒に合う食事が身近にあるため飲酒の機会は年々増えてきています。

 

アルコール依存症を他人事ととらえず、自身や身近な人にも起こりうるのだと心に留めておきましょう。

 

 

 

(photo by [//free-photo.gatag.net/2011/05/06/170000.html])

 

著者: cocoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アルコール依存症に関する記事

大量飲酒とアルコール依存症の違いは?

  「家族が大酒のみで、飲むと暴れる。」「いつみても飲んでいるようだ。」「...

夫をアルコール依存症から救えない妻度チェック

  結婚した当初は、まじめでおだやかだったご主人。しかし重なる仕事のストレ...


抗てんかん薬の「ガバペン」は、アルコール依存症の治療薬となりえる?

アルコール依存症の治療薬は、従来「抗酒薬」と呼ばれる悪心などの不快症状を...

アルコールも危険!薬物の急性と慢性中毒とは

  依存性薬物の摂取により、様々な症状が出ますが、その症状は大きくわけて2...

カラダノートひろば

アルコール依存症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る