カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. その他 >
  5. 軽度の乳糖不耐症の方へお手軽な下痢対策!

健康診断・健康管理

軽度の乳糖不耐症の方へお手軽な下痢対策!

 

 

 

軽度の乳糖不耐症の方へお手軽な下痢対策!

 

牛乳を飲むと、なぜかお腹がゴロゴロ…と調子が悪くなり、下痢をしてしまう方のお話は良く耳にします。

 

この症状は、牛乳に含まれている『乳糖』という糖質が、『カタラーゼ』という乳糖分解酵素によって十分に分解されず、大腸で乳酸へと姿を変えた乳糖が腸管内を刺激し、下痢を引き起こしてしまうという症状です。

 

これを『乳糖不耐症』と言うわけですが、今回はこの症状を改善する方法の中でも、比較的軽度の方向けの、お手軽で代替食品を使うことなしに出来る方法をご紹介したいと思います。

 

 

その調理方法とは?

  

方法はいたってシンプルです。

 

牛乳を加熱して出来る膜を除去して、乳糖含有量の少ないものを摂取しよう!』というものです。

 

牛乳を過熱した際に、表面上に張る膜部分のたんぱく質を、ホエーといいます。牛乳には2種類のたんぱく質が存在し、80%をカゼインが、20%をホエーが占めています。カゼインは酸で固まりますが、ホエーは加熱することによって固まります

この固まったホエーには、ある程度の量の乳糖が含まれているので、これを除去してしまうことで、乳糖の摂取量を減らせるというわけです。

 

では、具体的な調理方法ですが・・・

 

鍋に牛乳を適量入れ、60℃以上を目安に膜が完全に張るまでじっくり加熱する60℃以上になると膜状にたんぱく質が凝固し始めます)と、これだけです。あとは、粗熱を取って、膜を除去し、普通の牛乳と同じように摂取するだけです。

 

  

合わせて知っておきたい、牛乳の飲み方

 

牛乳の飲み方として、合わせて知っておきたい、下痢を引き起こしにくい飲み方があります。

 

人肌程度(36℃程度)の温度に調節してから飲む

数回に分けて飲む

 

というものです。

 

人肌程度の温度なら、胃腸に刺激を与えず、また乳糖分解酵素も活性化します数回に分けて飲むことは、少量づつの乳糖を既存のカタラーゼ量で都度分解して消化することが出来ます。

 

このように、牛乳の加熱による膜の除去と、飲み方のちょっとした工夫が、下痢を防ぐ助けとなってくれます

下痢でお悩みの方、ぜ試されてみてはいかがでしょうか?

 

 

 (Photo by://jp.freepik.com/free-photo/food-food-drink-diet-splash_429164.htm)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

若者に高齢者に、それぞれに多い「新型栄養失調」って?どんな栄養失調なの?

「3食とっている」「カロリーも十分」なら、栄養に関する悩みなんてないですか?...

魔法の油 オリーブオイル

  オリーブオイルが身体と美容に良いことはよく知られるようになりましたが、...


食べずに捨てているその部分に栄養がぎっしり!野菜の捨てている部分の栄養って?

  普段料理をしているときには、「皮」「ワタ」「種」といった部分は捨ててしまい...

内臓脂肪を減らす効果が強い食品

  放置しておくと重大な病気になる生活習慣病を防止するには、内臓脂肪を減らす食...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る