カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 全般性不安障害 >
  4. 社会不安障害と似ている全般性不安障害とは?

メンタル

社会不安障害と似ている全般性不安障害とは?

 

社会不安障害と似ているようで違うのが、この「全般性不安障害」です。

 

全般性不安障害は同じ不安障害の一種ですが、社会不安障害と異なり「人前や他人の評価を受けない状況」でも強い不安を感じてしまいます。

 

○社会不安障害との類似点

 

・不安で緊張してしまう

・めまいや発汗の症状が出る

 

社会不安障害との相違点

 

・特にこれといった理由が無いのに不安な気持ちが長時間続く

・筋肉のけいれんが起こる

・落ち着かなかったり、イライラする

・筋緊張や頭痛(筋肉の緊張が原因)などの身体的症状も起こる

 

全般性社会不安は珍しい病気ではなく、程度の差はあれ多くの人(特に思春期災害などの強いストレスにさらされた人)が発症します。

 

人と接する時や人前で話す時、人からの見られ方など「対人・社会的関係性」において強い不安を感じる場合は社会不安障害、そうではなく特定のシチュエーションや理由なく強い不安感が続く場合は全般性不安障害と考えられます。

 

全般性不安障害も社会不安障害と同じく、病院での適切な治療で改善が見込めます

体調の変化を感じて病院にかかった人でも、身体症状も表れるために精神科以外の科を受診しているケースもあります。

この記事を読んでもしかして、と思ったら全般性不安障害の可能性を疑ってみてください。

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/12/24-374424.php)

著者: デカルトさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

全般性不安障害に関する記事

ベンゾジアゼピン系薬の長期服用による「健忘・記憶障害」はなぜ生じる?

ベンゾジアゼピン系薬は、長期服用をするべきでないとされていますが、その理由は...

抗不安薬ベンゾジアゼピンの離脱症状を軽減する『他剤置換法』ってなに?精神疾患の治療薬

抗不安薬のベンゾジアゼピン系薬は、様々な精神疾患の治療薬として頻用されています...


精神科で処方される薬にはどんな種類がある?~イオンに関わる薬(躁うつ病)

向精神薬には、大きく分けて5種類の薬(『抗精神病薬』『抗うつ薬』『抗てんかん薬...

疼痛治療薬「リリカ」は、慢性疲労や中枢性過敏(感作)症候群を改善させる?

末梢性神経障害性疼痛の治療薬である「リリカ」は、興奮性神経伝達物質で...

カラダノートひろば

全般性不安障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る