カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 治療方法 >
  5. サプリ >
  6. 快眠と爽やかな目覚めをお約束!セロトニン活性化習慣を始めよう

メンタル

快眠と爽やかな目覚めをお約束!セロトニン活性化習慣を始めよう

 

セロトニンの働きを活発化させるには生活リズム、特に「睡眠」が重要な役割をもたらします。

逆にセロトニンが活発に働くと朝は気持ちよくすっきりと目覚め、夜はぐっすりと質の良い睡眠を得られるようになります。

 

ここではそのために気をつけたいポイントをご紹介してきます。

 

・日中はしっかりと体を動かす

 

適度に体が疲れることで日中のセロトニン神経が活性化されます。

分泌されたセロトニンは夜に安眠をもたらす「メラトニン」に変化するので、夜眠りやすくなります。

 

・夜はリラックスして眠りにつく

 

ストレッチをしたりぬるめのお風呂にゆっくりと浸かることで体をリラックスさせ、ぐっすりと眠れるようにします。

不安な気持ちや緊張感で眠れない時には横になってゆっくり深呼吸をすると良いでしょう。夜更かしせず早めに就寝することが大切です。

 

・朝日を浴びて、朝食をとる

 

朝も規則正しく決まった時間に起きて朝日を浴びます。

日光によって身体が覚醒し、セロトニン神経が活性化!

朝ご飯でしっかりエネルギー補給をして日中を活動的に過ごし、夜眠りやすくなるようにしましょう。

 

 

このように、「日中」「夜」「朝」の生活サイクルが睡眠の質を左右し、セロトニン活性化の鍵を握っていることがわかります。

このうちのどれかが欠けると不眠などセロトニン不足を招く悪循環に陥ってしまう恐れがあるので気をつけましょう。

 

この生活サイクルが良い方向に循環すれば、いつの間にか「夜はぐっすり眠り、朝はすっきりと目覚める」生活が手に入るはずです。

これだけでも1日を元気に気持ちよく過ごすことができますよね。ぜひお試しください。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/07/25-366066.php)

著者: デカルトさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

サプリに関する記事

光でうつ病が回復する!?

高照度療法と呼ばれる方法です。 ・人間には欠かせない光 人間には睡眠や活...

睡眠、セロトニン神経活性化、涙でうつ病対策!脳3つの癒やし

    ■うつ病への対策を考えるなら、脳の中にある  ストレスを癒す三...


まずは五分のリズム運動から

    ■うつ病対策としては太陽に光を浴びることも必要ですが、その人の職...

いま話題のGABAがもつ驚きの効果!脳の興奮を抑えるってほんと?

  GABAは脳を興奮させるような神経物質の働きを抑え、気分を落ち着かせてくれ...

カラダノートひろば

サプリの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る