カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 事故予防・安全 >
  4. 赤ちゃんの紫外線対策!デリケートな赤ちゃんのお肌を守るには?

育児

赤ちゃんの紫外線対策!デリケートな赤ちゃんのお肌を守るには?

これから過ごしやすい気候になり、赤ちゃんとお散歩しやすいシーズンがやってきます。

そこで気になるのが、紫外線。

 

自分たちの紫外線対策はバッチリでも、赤ちゃんだって紫外線の影響を受けます。

特にデリケートな肌をもつ、赤ちゃんは紫外線の対策をしっかりとして外出が必要です。

 

赤ちゃんのための紫外線対策

 

ベビー用の日焼け止め

赤ちゃんに日焼け止めはあまり塗りたくないというお母さんは多いかもしれません。

しかし、赤ちゃんを紫外線から守るためには欠かせないアイテムです。

ベビー用は肌にもやさしく、石鹸で落ちるタイプのものがほとんどです。

敏感肌のお母さんにもおすすめです。

 

白くならない程度に、薄く均一に塗ってあげましょう。

 

◇帽子をかぶらせる

 

帽子をかぶるだけでも紫外線はだいぶ防げます。

つばの広い帽子を選んで、かぶらせましょう。

 

また、帽子をつかんでおもちゃにする赤ちゃんもいるので、帽子をなくさないようにひもの付いたクリップで、服と帽子をとめておきましょう。

 

◇薄手の大きめのタオルやガーゼを持ち歩く

 

夏場でも長袖の服を着用し、しっかりと紫外線対策をしている女性を見かけますが、赤ちゃんにそこまでするのは可哀想ですし、あせもの原因にもなります。

 

服の代わりに大きめの通気性の良いタオルなどをかけて、紫外線から守りましょう。

 

◇汗はこまめにふきとる

赤ちゃんは汗っかきです。

こまめに汗をふいてあげ、汗と日焼け止めが混ざった状態のまま放っておかないようにしましょう。

また、汗をふいたあとは日焼け止めの塗り直しが必要です。


焼けた後の対処法

◇保湿する

日に当たった肌は乾燥しやすくなっています。

お風呂からあがったら保湿を入念にしてあげましょう。

また、日に焼けてしまった場合は入浴をひかえましょう。

 

◇冷やす

万が一、日に焼けて肌が赤くなったら、冷たいタオルで患部を冷やしましょう。

悪化する場合はすぐに病院に連れて行きましょう。

 

長時間の紫外線は皮膚がんや肌トラブルを招きます。

お散歩はなるべく日差しがきつい時間をさけて外出しましょう。

 

また、日陰がある道を選んでお散歩するのもよいでしょう。

 

赤ちゃんが心配だから…お外に出ないのはNG!

適度な日光浴は赤ちゃんの成長に必要ですので、ばっちりと紫外線対策をしてから出かけるようにしましょう。

ベビーカーや車のUV対策もしっかりとしておきましょう。

 

赤ちゃんの日焼けを防げるのは、周りの人間だけです。

 

(photo by [http://free-images.gatag.net/tag/children-little-girls/page/3]

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

事故予防・安全に関する記事

プールのあとの乾燥溺死…誰にでも起こる可能性があります!

先日アメリカのニュースで、子どもが乾燥溺死で死亡するという悲しい事故がありま...

はいはい期の赤ちゃんに危険な家の法則とは?あなたの家は大丈夫?

はいはいをし始めた赤ちゃんは、好奇心のかたまりです。 いろいろなものに興味...

事故予防・安全の体験談

4ヶ月で寝返りはじめ、ベッドから転落‼︎

あれは4ヶ月を過ぎた頃でした。少し前からうつ伏せをよくするようになり、まだそんなに動けないのに「フン...

毎晩欠かさず生存確認

息子を出産したクリニックから、退院時にプレゼントされた聴診器です。 私が出産したクリニックでは、赤...

カラダノートひろば

事故予防・安全の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る