カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. 風邪 >
  6. 季節の変わり目の赤ちゃんの体調管理

育児・子供の病気

季節の変わり目の赤ちゃんの体調管理

季節の変わり目は風邪をひいたり、体が重く感じたりと、体調が悪くなりがちです。大人でも体調を崩しがちなので、赤ちゃんはもっと気をつけてあげなければなりません。

初めての季節を経験する赤ちゃんにとっては、自分で体温を調節するのはなかなか難しいものです。

 

顔色・体温・汗 

言葉が話せない赤ちゃんの体温などは普段から気を付けてあげなければいけませんが、季節の代わり目は特に注意してあげましょう。

 

外出時の服装 

上着やベスト、帽子などで体温を調節してあげましょう。

出先で服を脱がせることは手間を取るので、薄着にさせておいて後から上着などをプラスできるようにしておくとよいでしょう。

 

服装のポイント

・生後3ヶ月まで:大人より1枚多め

・寝返り期:大人と同じ

・ハイハイ期:大人より1枚少なめ

 

寝具とパジャマ 

赤ちゃんは寝てしまえば暑さや寒さに対して反応しにくくなるので、寝汗や寝苦しそうにしていないか気にかけてあげましょう。

赤ちゃんの時は夏はよく汗をかき、寒い時期は頭から体温が逃げていきます。

 

小学校3年生ぐらいまでは、大人の体感温度とは違うので気を付けてあげましょう。

 

肌荒れ 

乾燥した空気、花粉、紫外線が原因でお肌のトラブルが増えてきます。

赤ちゃんのお肌は大人が思う以上にデリケートで乾燥しやすくなっています。

病院で保湿クリームを処方してもらい、こまめに保湿してあげましょう。

 

 

赤ちゃんの体温は服装だけでも大いに変動するので、季節の変わり目は体温をはかって調節してあげましょう。大人と一緒に寝ている赤ちゃんは、赤ちゃんだけ寝具を変える必要があるかもしれません。

  

通気性のよい寝具を使用し、寝汗をかきにくい環境を作ってあげましょう。

規則正しい生活を送らせてあげることも、体調管理の一環です。  

 

(photo by //free-photo.gatag.net/2008/07/07/210000.html)

著者: cocoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

風邪に関する記事

冬場の風邪を防ぐ生活上のポイントは?

  冬になると風邪が一気に流行し始めます。小さな子どもが鼻水や咳といった風...

風邪をひかないために気を付けたい室内の温度とは?

寒いとついついエアコンをつけっぱなしに…でもちょっと待って!暖房を効かせすぎ...

風邪の体験談

初めての風邪…対応と薬について

第二子の息子の経験について書きたいと思います。 上の子は3歳の女の子で保育園に通っていました。 ...

完母なのになぜ?!初めての風邪~生後2か月~

生後6か月はママの免疫で守られている赤ちゃん。ウイルスには耐性があるから大丈夫!な~んて油断してはい...

カラダノートひろば

風邪の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る