カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 社会不安障害 >
  4. 社会不安障害と成功体験 イメージトレーニング実践しよう

メンタル

社会不安障害と成功体験 イメージトレーニング実践しよう

「失敗体験」は、社会不安障害の原因の一因だったり、症状悪化の悪循環に陥りやすいターニングポイントであったりします。

 

逆に症状の改善や治療の進歩の実感を得られるのが「成功体験」です。

 

<成功体験で自信を取り戻す>

これまでどうしてもできなかったことでも、薬物治療や認知療法の結果少しずつ気持ちがやわらいだり実際に出来るようになります。これが「成功体験」です。

 

成功体験を認識することで、否定しがちだった自分を肯定的に捉えられるようになり、症状の悪循環を食い止めてくれます。

 

できることから無理せずチャレンジし、改善へ向けて進んでいることを実感しましょう。

 

<実践! 物事を肯定するイメージトレーニング>

否定的な考えを肯定的な考えへ改めることで次のような効果が期待できます。

 

・自分に自信がつき、自己評価が上がる

・自分への否定的なイメージが無くなる

・人に接する際の緊張感がやわらぐ

・人と話しやすくなる

・人と親密な関係が築けるようになり、人付き合いが増える

 

具体的には、次のように考え方を変えてみます。

 

・私だけうまく人と話せないに決まっている

→人との会話はきっと楽しいだろうな

・私が相手に理解されるはずがない

→良い人間関係を築こう

・私は人に拒絶されるに違いない

→私を受け止めてくれるだろう

・自分がだめなせいで対人関係を楽しめない

→人との付き合いを楽しもう

 

実際に人と接する前のイメージトレーニングは大切です。

自分のことを否定せず肯定的に捉え、リラックスして望みましょう!

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

社会不安障害に関する記事

「社会不安障害」つらい思いを抱えているのは自分だけじゃない

  社会不安障害が病気として認識されたのはごく最近のことです。 それゆえにまだ世...

セロトニンの働きを知ろう!

  セロトニンとは、脳にある神経伝達物質です。 社会不安障害とこのセロトニン...


子どもと社会不安障害

  子どもにとっても社会不安障害は例外ではありません。   成人未満の年齢...

『SSRI薬と抗精神病薬』の薬剤併用については注意が必要

  『SSRI薬と抗精神病薬』の併用で、不整脈の危険性   2012年...

カラダノートひろば

社会不安障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る