カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 接し方 >
  5. 家族への接し方 >
  6. 家族や周囲の人の理解とケア

メンタル

家族や周囲の人の理解とケア

 

家族や友人、周囲の人々の協力も社会不安障害の改善には大切です。

 

とはいえ間違った接し方をすると本人にとってプレッシャーになってしまう場合もあります。

 

・過度に「頑張れ」と促す

・無理強いをする

・むやみに気分転換に誘う

 

というようなことは控えるようにしましょう。

大切なのはあくまで自然に接すること、そして共感と理解を示し、適切なアドバイスをし、成長を認めることです。

 

・共感、理解をする

 

社会不安障害の人は不安恐怖、それに伴う様々な症状に悩まされています。

それによって落ち込み、自信を失くしていまうことで更なる悪化を招いているのです。

周囲の人々は、彼らの「人よりも強烈に感じてしまう不安や恐怖」は変なことや恥じるべきことではないということを伝えてあげましょう。

まずは落ち着かせ、安心させることが大切です。

 

・適切なアドバイスをする

 

社会不安障害の症状が現れていても、病院へ行くことや治療に対して積極的で無い場合があります。

また本人に治療の意思があっても近しい人に相談しにくく、余計に悩んでしまうこともあります。

周囲の人も社会不安障害が病気であること、またそれが治せる病気であることをしっかりと理解して伝えることが大切です。

スムーズに治療に足が運ぶようにしてあげましょう。

 

・成長を認める

 

治療に役立つのは薬だけではありません。

日常のどんな小さなことからでも「自信をつける」ことが症状を着実に改善させていきます。

些細なことでも成長した点を認め、病気が良い方向へ向かっていることを自覚させてあげるようにしましょう。

 

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/03/04-358658.php)

著者: すぴのざさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

家族への接し方に関する記事

鬱病は周りの協力がとても大切!鬱病の方やその家族への対応

鬱病は酷い場合、入院も必要となる病気であす。また、誰でもかかる可能性がありま...

家族や友人が適応障害と診断されたら

  ストレスは、感じる原因や感じ方が、人によって様々です。 また、ストレ...


自傷行為者と家族とのかかわり

100%ではないですが、自傷行為を行う人の家族には、何らかの問題があると言われ...

あなたの言動次第で大切な人をうつ病から救えるかも?うつ病の方への接し方

うつ病の原因はさまざまですが、現代社会では誰がなってもおかしくない病気だと言...

カラダノートひろば

家族への接し方の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る