カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 治療方法 >
  5. その他 >
  6. あせらず地道に克服しよう

メンタル

あせらず地道に克服しよう

 

治療に焦りは禁物。

なかなかすぐに成果が表れなかったり、症状が悪化してしまっても諦めてはいけません。

少しずつ地道に、自分のできることから取り組んでいきましょう。

 

・症状が後退していると感じたら

 

やっと苦手を克服したり自信がついてきたと思っても、何かのきっかけでまた逆戻り……ということは珍しくないことです。

場合によっては以前よりも深く落ち込んでしまうこともあるかもしれませんが、悲観せずその状況と自分の心を冷静に見つめ直してみましょう。

 

・自分のできることからやっていく

 

あれもこれも改善しようとすると、自分で余計にプレッシャーを与えてしまうことになります。

できそうだと思う一番簡単なことから一歩一歩着実にこなしていくようにしましょう。

頭の中で整理がつかない場合にはノートに書き出してみるのも良いでしょう。

 

・薬の増減は悪いことじゃない

 

少しずつでも成果が現れ、自信がついてきたら薬の減量を医師と相談してみましょう。

しかし薬を減らした後に症状が悪化することもあります。そんな時は無理をせずに薬の量を元に戻すことも大切です。

それは「薬の減量に失敗した」のではなく、「少しタイミングが早かった」のだと考えましょう。

症状の上下と薬の増減を繰り返したとしても焦らずコツコツと治療に励みましょう!

 

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/12/24-374424.php)

著者: すぴのざさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

グループの特性を利用した精神療法「集団精神療法」はどのように行われるの?その方法とは

認知行動療法や対人関係療法もグループで行われますが、この療法はグループの特性...

うつがつらくて運動なんてできない…そんな運動不足を解消する3つの工夫

運動がうつ病によいのはわかっていても、起き上がるのも大変なうつ病の方が運動を続...


欧米では当たり前?断眠療法の治療の効果とは?効果が高いのはどんな人?

うつ病に対する非薬物療法として欧米では古くから使用されている治療法に断眠療法...

原因薬の服用後に発症!セロトニン症候群の主症状について

  セロトニンの過剰分泌によって起こるセロトニン症候群。その症状は大きく3...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る