カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

気になる病気・症状

膵炎になったときの対処法

 

膵炎になったと判明し、それからの対処で膵炎治療の予後は大きく左右されます。

炎症という症状は、患部に過度の負担が掛かることによって起こる反応であり、その負担がなくならなければ炎症は治まることはありません。

膵炎の対処法としては、まず炎症が治まるまで、膵臓の負担を無くす、つまり休ませる必要があるのです。
膵臓は
消化器官であり、その膵臓を休ませるために必要なのは絶食です。

■膵炎への対処法

 

絶食
食べ物を消化することは膵臓に大きな負担となるため、食事をすることが炎症を悪化させることに繋がります。
そこで、膵炎と判明してから症状が治まるまでのおよそ
三十時間ほど口にするのは水のみの絶食を行うことが有効な対処となります。

 

●その後
数日ほど
流動食を続け、膵臓の炎症が収まれば膵炎の症状は完全になくなります。
その後さらに一週間ほどは腹八分目ではなく
腹五分目ほどの軽い食事を続けることで良好な予後となる事が可能です。

 

禁止
極端に熱い食べ物、冷たい食べ物、そして辛い食べ物、味の濃い食べ物、そしてカフェインなど膵臓に極端に負担を与えるため、絶食からしばらくの間はこれらの食品は禁止しなければなりません。

■膵臓に限らず
消化器官はその役割からして、食事をしている限り常に動き続け、負担を受け続けます。
膵炎などその消化器官の疾患となった場合は、患部の負担となる
食事に大きな制限が必要となるのです。
最初に絶食し、それから徐々に通常の食事に戻すことで、膵臓を休ませ、炎症を完治させることが膵炎の対処法です。

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/697)

 

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胆嚢炎・胆管炎に関する記事

胆のう炎の主な原因 最も多い原因は胆管閉塞が引き起こす胆石!?

  肝臓で作り出される胆汁を蓄積する胆嚢で炎症が起こってしまう胆嚢炎は主に胆石...

細菌感染や自己免疫・・・胆管炎となる原因と種類

  胆管炎は肝臓にある胆管という器官に起こった炎症のことです。 その炎症を引き...


胆嚢炎の根治治療のために胆嚢を摘出

    胆嚢という臓器は、肝臓で作られた胆汁を蓄積する役割を持っています。 ...

なぜ起こるの?つらい胆管結石の原因とは?!40代くらいの肥満体型の男性・女性は注意して

  激痛を伴う胆管結石!胆石(胆管結石)が出来てしまう原因とは、一体何なの...

カラダノートひろば

胆嚢炎・胆管炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る