カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 片頭痛(偏頭痛) >
  4. 対処・予防法 >
  5. その他 >
  6. 刺激を避けて安静に*片頭痛で気を付けたいことまとめ

頭痛

刺激を避けて安静に*片頭痛で気を付けたいことまとめ

a0002_008276.jpg

片頭痛の人の脳や血管、神経はもともと敏感です。普通の生活の中にも自分の頭痛発作の要因が隠れているかもしれません。自分の頭痛要因がわかれば、ある程度頭痛をコントロールできるようになります。以下、自分の頭痛の要因をチェックして、注意すると良いことを確認してみましょう。

 

規則正しい生活

寝不足で片頭痛になる人もいれば、寝過ぎたときに頭痛が起こる人もいます。

寝不足の場合、体の疲労がとれないことやストレスが解消されないことが誘因になっている可能性があります。

 

寝過ぎで起こる頭痛の原因としては、睡眠の二相性である「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」との関係が指摘されています。レム睡眠とノンレム睡眠のリズムが狂うことで頭痛発作を引き起こすのではないかということが言われています。

適度な睡眠を取ったうえで、規則正しい生活を送ることが片頭痛対策に有効です。

 

ストレス回避

精神的緊張や疲労、ストレスは頭痛の大敵です。

特にストレスは片頭痛の外的要因として、最も頻度が高いとされています。普段からストレスを溜めないように心がけましょう。

 

週末の過ごし方にも注意が必要です。ストレス解消に出かけるのは良いことですが、過密なスケジュールにしてしまうと、余計に片頭痛発作がでてしまうことがあるのです。

 

日中は自律神経のうち、活動性にかかわる交感神経が優位になっているので、血管も緊張気味です。しかし、帰宅してリラックスすると副交感神経が優位になり、血管が拡張するのです。これが片頭痛の誘因になります。

適度にリラックスをすることはとても良い事ですが、遊び過ぎで疲労が残らないよう、うまく調節しましょう。

 

天候の変化に敏感になろう

片頭痛の人は天候の変化に敏感です。特に低気圧が近づくときがそうで、曇りや雨の日は頭痛発作が起こる人が多いです。

片頭痛の人の脳や血管、神経はもともと敏感なので、気圧が下がることで血管の拡張など何らかの変化が生じ、これが発作の引き金になっていると考えられます。

 

月経前の過ごし方

エストロゲン性の片頭痛の人は、月経前の過ごし方に注意が必要です。

特に高温期終末から月経前までの、エストロゲンが急激に低下する時期に頭痛が起こりやすいことがわかっているからです。

自分の頭痛がエストロゲン性の片頭痛かどうかは、頭痛日記をつけるとよくわかるそうです。

 

毎月、月経のリズムにともなって発作が起こるようであれば、ほぼエストロゲン性の片頭痛で間違いないでしょう。エストロゲン性の片頭痛が起こりやすい時期は、頭痛のほかにも倦怠感やむくみ、乳房の張りや便秘、精神的落ち込みなどさまざまな不調があらわれやすいものです。

 

こうした多彩な症状が出るものを医学的にはPMS(月経前症候群)と呼んでいます。この場合は、アロマテラピーや漢方薬が有効な場合もあります。

 

光の過度な刺激を避ける

片頭痛の患者さんの中には光に非常に敏感で、これが発作の引き金になるという人がいます。頻度として高いのが太陽の光です。

光に敏感なタイプの人は日差しに注意をするとともに、サングラスをかけたりすると良いでしょう。

 

また、寝室の場所には注意が必要で、東側の部屋はできれば避けた方がいいでしょう。カーテンは陽をよけるのにはよいですが、開けた瞬間にまぶしさを感じるような環境では逆効果になってしまうこともあります。

 

たばこはできるだけ控えて

タバコのにおいで頭痛を発症する人は多く、カフェや居酒屋で困ってしまうという患者さんも多くいます。

タバコと頭痛の因果関係は科学的に証明されていませんが、主成分のニコチンには毛細血管を収縮させる作用があり、そのことと関連するのかもしれません。

 

喫煙者で片頭痛持ちの方はまずはできるだけ吸う本数を減らしましょう。

非喫煙者の場合は、タバコの煙が直接来ないような場所に座りましょう。

 

「頭痛」で人気の記事はこちら

●目が見えなくなる閃輝暗点、片頭痛のないものには要注意

 

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: fuzzyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

音過敏で頭痛に悩まされている人必見!耳栓の種類と特徴

    片頭痛の患者さんが悩まされている音過敏。音で頭痛が誘発されるという人は、...

片頭痛が出るけど人ごみにいかなきゃ…どう予防する?

  人ごみはその光・音、ストレス性、酸素濃度などによって片頭痛を引き起こす可能...


冷え症治して片頭痛も治す!

  片頭痛といえば、頭の片側がズキズキと拍動と共に痛む、といった症状が主に...

リラックスで予防! 片頭痛を自律訓練法で予防する

  ストレス状態がひどくなると、自律神経の働きが悪くなり、様々な症状が起こ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る