カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯列矯正 >
  5. 【 矯正後の後戻り 】リテイナーはいつまでやるの?!

気になる病気・症状

【 矯正後の後戻り 】リテイナーはいつまでやるの?!

 

 

歯の並びをよくするために「矯正」をすると、その後には必ず「保定」という作業をする期間があります。

 

これは矯正装置で少しずつ少しずつずらしていった歯の位置を固定するための期間のことで、一般的には「リテイナー」と呼ばれるマウスピースで行います。
実はこの「保定」の期間が一番患者さんが不安になる期間なんです。

 

矯正中は歯の並びが少しずつきれいになっていく様子を先生が何らかの形で示してくれると思うので痛いながらも楽しみもある期間ではありますが、保定」の期間は患者さんにとっては何も変化がないように思えるので、いつまでやってればいいの?と多くの方が不安になるようです。

 

なのでここでは矯正期間のあとの「保定」という作業についてお話します。

 

 

 

【 後戻りはなぜするの? 】

 

歯は食べ物を噛む時などに衝撃をやわらげる役目もしています。


クッション効果は歯とアゴの骨をつないでいる綿のようなやわらかい線維から得られるものですが、矯正で歯をずらしていくとその繊維質が引き伸ばされる感じになり、矯正装置を外すと元に位置に戻ろうとする。
もしくは強制的に動かされた歯が、動いた中でもより安定した位置へ調整の意味で動こうとする。

これが後戻りです。


なので先生によっては多少の後戻りは体が自然に機能するためには必要な事と考える方もいますし、その逆で後戻りはよくないという考えの方もいます。

 

 

 

【 いつまでやっていればいいの? 】

 

まず、前述の通り保定とは移動した歯をその位置に固定させるための工程です。


なので動かした歯がそこに定着するまでということになるのですが、一般的に保定期間は、少なくとも矯正をしていた期間と同等くらいはやった方がいいとされています。
例えば矯正に2年かかったのなら保定は最低2年やった方がよい。という感じです。

 

基準があいまいな分、患者さんも不安に思う方が少なくありませんがこれには色々な考え方があり、先生によってもアプローチの仕方に違いがあります。

 

よく患者さんから「最近はリテイナーの頻度が”毎日1日中”から”3日に1回1日中”に減ったけど、リテイナーがきつくてせっかく矯正したのに歯が戻ってるみたい」と言われることがあります。


この動いた感じを”歯にかかる力がうまく流れるような安定する位置へ動いている”と捉えるか”矯正した歯が噛み合わせがよくない位置に戻ろうとしている”と考えるかはその患者さんの元々の状態やどんな治療をしたかなどによるので指導してもらっている先生にお聞きになるのが一番です。

 

そもそも十分な保定期間のあとにそこまで大きく戻ってしまうのでは、元々の治療計画が良くなかったと言わざるを得ません。

 

矯正するにあたって抜歯が必要な時もありますが、患者さんがどうしても抜きたくないというのであれば無理に抜くことはできません。
しかし、必要な抜歯をしないで無理やり矯正をしても”ある程度の結果”しか得られない時もあります。

 

患者さんと歯科医の意見や医師の疎通、情報の共有が最も大切な治療かもしれません。

 

皆さんももし矯正するのであれば、「なぜ矯正がしたいのか」「本当に矯正が必要か」を考え、矯正の治療内容をきちんと理解した上でやられたほうが良いですね。

 

 

 

(Photo by: [//jp.freepik.com/free-photo/happy-girl_18598.htm])

著者: さだはるさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯列矯正に関する記事

歯科矯正を始める前に知っておきたい治療のプロセス

  歯科矯正は歯を動かす大きな作業のため、不安はつきもの。では、歯科矯正と...

歯科矯正の痛みってどんなもの?

  矯正治療をしたいけど、痛いのが怖い…。そんなふうに躊躇している人もいる...


話題の「マウスピース矯正」、メリットとデメリットは?

  目立たない、痛くない矯正として話題の「マウスピース矯正」。これってどん...

歯科矯正をする病院を決める際、決め手となるポイントは?

  費用の面でも、期間の面でも、見た目や心理的な面でも、大きな負担となる歯...

カラダノートひろば

歯列矯正の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る