カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 胆道・胆嚢・膵臓 >
  4. 膵炎 >
  5. 急性膵炎の悪化を血液透析で防ぐ

気になる病気・症状

急性膵炎の悪化を血液透析で防ぐ

 

急性膵炎は、膵炎自体の症状も恐ろしいのですが、悪化することによりその影響が全身に回る可能性があると言う恐ろしさもあります。

膵臓は
全身への血流にも大きく関わり、そこが炎症を起こして炎症性物質が蓄積されると、今度はその炎症性物質が血液を介して全身へと回ってしまう可能性があるのです。

炎症性物質は膵臓のみを炎症にさせるのではなく、
血液によって届けられた場所にも炎症を引き起させてしまいます。

炎症性物質が全身に回ることを抑えつつ、
原因となる膵臓の炎症を早急に治さなければなりません。
■炎症性物質と対策

 

炎症性物質
膵臓が炎症を起こすことにより蓄積される炎症性物質は、じきに全身に回って各所で炎症を引き起すようになってしまいます。
そうなる前に
抗炎症の対策を行いつつ、原因となる急性膵炎を治療しなければなりません。

血液透析
血液を濾過し、
炎症性物質を除去することで、急性膵炎を治療しつつ、炎症性物質が全身に回ることを防ぐ事が可能です。
この治療法を
持続性血液透析濾過療法と言います。

■急性膵炎となれば、早急に
絶食という食事制限を行わなければなりませんが、それだけではなく炎症性物質の対策も行わなければ、炎症が膵臓とは別の場所に飛び火してしまうリスクがあります。

そこで
治療炎症の拡大を抑制することが同時にできるのが、血液透析による治療法であり、膵炎さえ治れば、良好な予後が期待できます。
炎症を抑える薬物などありますが、できる限り副作用の無い治療法が望ましいでしょう。

 

 

(Photo by:  //www.photo-ac.com/main/detail/3911)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

膵炎に関する記事

膵炎の症状と見分け方

  ■膵臓が何らかの要因で炎症を起こす膵炎という病気は、その症状から他の病気と...

飲み過ぎた後のみぞおちと背中の痛みには膵炎の可能性!

飲酒や食事をした後に、お腹や背中の痛みを感じることはないでしょうか。特に普段か...


予後を左右する急性膵炎の合併症

急性膵炎の怖いところは、急激に膵炎の症状が進行し、恐ろしい合併症を生じさせてし...

急性膵炎に有効な薬物療法

  ■急性膵炎を治療するのに最も有効なのは絶食などの食事制限、アルコール制限で...

カラダノートひろば

膵炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る