カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

気になる病気・症状

急性膵炎に有効な薬物療法

 

急性膵炎を治療するのに最も有効なのは絶食などの食事制限、アルコール制限ですが、急性膵炎の進行を抑え、膵臓の自己消化などを抑えるために薬物療法も必要です。

急性膵炎も重症化してしまえば、更には
細菌感染なども考えられるため、予防的に抗菌薬も必要となります。

急性膵炎の炎症が治まるまで、
激しい痛みは続きますので、それまでの間痛みを和らげる鎮痛薬も必要です。

そして胆石が原因の急性膵炎の場合、原因の
胆石を除去しなければ炎症は治らないので、そのための薬物療法なども必須となります。

■急性膵炎の治療薬

 

1.タンパク分解酵素阻害薬
急性膵炎により
膵臓の自己消化が起こることを防ぐために投与します。
タンパク分解酵素阻害剤の大量持続点滴静注によって合併症発生率を低下させ、
死亡率を抑えることが期待できます。

 

2.抗菌薬の投与
急性膵炎も重症となれば
細菌などの感染も考えられるため、予防的に抗菌薬を投与。

 

3.ERCP
胆石が原因の急性膵炎の場合、
胆石除去のために投与します。

 

4.鎮痛薬
急性膵炎による痛みを和らげる対症療法として投与します。

■理想的な急性膵炎の治療は、早期の内に絶食などの食事制限を行い、そのまま
自然治癒させることです。
薬物治療となると、効果が高いほど副作用の心配が出てしまいます。

ですが急性膵炎が重症化してしまうと、自然治癒する間に膵臓へのダメージが悪化しすぎてしまう可能性があるのです。
そのために薬物の副作用に目をつぶっても、早急に急性膵炎の炎症を止める必要があります。

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/1611)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

膵炎に関する記事

お酒を飲み過ぎている人は危ない!?急性膵炎のリスク

  あなたは1日当たり60g以上のアルコールを摂取しているでしょうか?普段よく...

慢性膵炎の悪化を予防する生活習慣改善

  ■膵臓の炎症を繰り返し、悪化し続けると慢性膵炎となり、治癒不可能となってし...


慢性膵炎が悪化すると、アミラーゼの値が下がるって本当?

膵炎などの膵臓の異常は、血液中のアミラーゼの量で発見されることが多いです。ア...

1型糖尿病の最先端治療「マイクロカプセル化ブタ膵島細胞移植」とは?

今月17日(2016年3月)の読売新聞の記事に、大塚製薬工場によって最先端の...

カラダノートひろば

膵炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る