カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 胆道・胆嚢・膵臓 >
  4. 膵炎 >
  5. 慢性膵炎の悪化を予防する生活習慣改善

気になる病気・症状

慢性膵炎の悪化を予防する生活習慣改善

 

■膵臓の炎症を繰り返し、悪化し続けると慢性膵炎となり、治癒不可能となってしまいます。
慢性膵炎まで悪化することを予防するには、生活習慣を改善することが最も効果的です。

元々の膵臓の炎症も生活習慣の乱れが大きく関わっており、それを改善することで膵臓の炎症の繰り返しを止め、慢性膵炎になる事を予防する効果は充分期待できるでしょう。

■慢性膵炎を予防する生活習慣

 

禁酒・禁煙
アルコールもニコチンも、
膵臓に大きな負担をかけ、慢性膵炎のリスクを高める要素となります。
できるだけ早い時期から禁酒、禁煙による膵臓の負担軽減を実行する必要があるでしょう。

 

食事制限

 

1.油分の制限
脂っこい食事は消化するために、
過剰な消化酵素が分泌され膵臓の負担となります。

 

2.食事量の制限
満腹になる事で、
大量の食事を消化するために消化酵素が大量分泌、膵臓に大きな負担となります。

 

3.コーヒー、香辛料、炭酸飲料など禁止
カフェイン刺激物など、必要の無い消化酵素の分泌を促してしまいます。

消化酵素を分泌する膵臓の負担を軽減する事がこの予防対策の要です。
そのためには食事の内容も工夫が必要ですが、食事の回数にも改善の余地があります。

一度の食事で
満腹になるまで食べては上記のように膵臓の負担となります。
しかしあまりに食事を減らしすぎても健康を損なってしまうでしょう。
そこで一回の食事量を減らし、一日の食事の回数を増やすことで膵臓に負担をかけず、必要な量の栄養摂取を行うことが可能となるのです。

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/3910)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

膵炎に関する記事

慢性膵炎の合併症

  ■慢性膵炎はそれ自体、進行すると膵臓やその他の臓器への悪影響を及ぼす恐ろし...

飲み過ぎた後のみぞおちと背中の痛みには膵炎の可能性!

飲酒や食事をした後に、お腹や背中の痛みを感じることはないでしょうか。特に普段か...


急性膵炎には長期の食事療法が必要

急性膵炎の治療となると、急激に進行した炎症だから、治療も急激に終わると考えて...

急性膵炎に有効な薬物療法

  ■急性膵炎を治療するのに最も有効なのは絶食などの食事制限、アルコール制限で...

カラダノートひろば

膵炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る