カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 胆道・胆嚢・膵臓 >
  4. 膵炎 >
  5. 遺伝性の自己消化急性膵炎による慢性膵炎

気になる病気・症状

遺伝性の自己消化急性膵炎による慢性膵炎

 

慢性膵炎になる原因は、アルコールや喫煙、暴飲暴食など、長年の膵臓への負担の積み重ねによるものがほとんどです。

しかし、ごくまれですが生まれつきの
遺伝子異常で、膵臓への負担がそれほどでなくても、急性膵炎慢性膵炎になる場合があります。
それが
遺伝性の自己消化急性膵炎です。

膵臓で分泌される
トリプシンという消化酵素が遺伝子異常を起こし、分泌する膵臓自体を自己消化してしまい、それが急性膵炎を招く病気です。

膵臓へ負担をかける要因がなくても、何度も急性膵炎を招くこととなり、直に慢性膵炎へ行き着くようになってしまいます。

■遺伝性の急性膵炎

 

消化酵素の遺伝子異常によって急性膵炎が発症するケース
タンパク質を分解する消化酵素の遺伝子に異常があるため、膵臓内でタンパク質酵素として活性化し長時間活動することで、
膵臓自体を自己消化してしまうようになってしまいます。

 

●自己消化による急性膵炎の繰り返しが慢性膵炎
膵臓を自己消化することで急性膵炎を頻繁に繰り返すようになり、
膵臓にダメージが蓄積され、慢性膵炎に発展することになります。

 

●飲酒や喫煙などでさらに加速
遺伝子異常で膵炎になりやすい上に、
飲酒や喫煙でさらに負担をかければ、通常の人より早く慢性膵炎の末期にまで進行してしまいます。

■遺伝性の膵炎であり、極端な膵臓への
負担がなくても慢性膵炎になるリスクがあると言うことです。

ですがだからといって飲酒喫煙、暴飲暴食など不摂生な生活をしては
確実にさらに早く慢性膵炎になり膵臓の機能を失ってしまうでしょう。
遺伝的に不利でも、膵臓を守る努力は怠らないべきです。

 

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/1118?title=%E9%AD%9A&c_id=3)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

膵炎に関する記事

急性膵炎の二大原因

  ■急性の膵炎になる原因には主に二つのものがあります。それはアルコールに胆石...

1型糖尿病の最先端治療「マイクロカプセル化ブタ膵島細胞移植」とは?

今月17日(2016年3月)の読売新聞の記事に、大塚製薬工場によって最先端の...


膵臓が破壊される慢性膵炎

  ■単に膵炎ならば膵臓が炎症になり、自然治癒する余地が残されていましたが、慢...

慢性膵炎の治療法

  ■慢性膵炎となってしまえば、膵臓の機能は失われ、膵臓の炎症を治しても機能が...

カラダノートひろば

膵炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る