カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脂質異常症(高脂血症) >
  4. 基礎知識 >
  5. 検査 >
  6. 動脈硬化の原因の脂質の状態がわかる!「総コレステロール」検査

生活習慣病

動脈硬化の原因の脂質の状態がわかる!「総コレステロール」検査

a0006_002883.jpg

脂質異常・動脈硬化の検査「総コレステロール」検査


「総コレステロール(TC、T-Cho)」検査

動脈硬化の原因となる血液中の脂質の状態がわかります。

脂質異常症によって、動脈硬化を促進されると、動脈硬化性の病気(心筋梗塞、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症)をおこすリスク要因となります。
では動脈硬化を招く大きな要因となる脂質異常はどのような検査で分かるのでしょうか。

どんな検査?


脂質代謝異常があるかどうかを調べる検査です。
血液中の脂質には、LDLコレステロール、HDLコレステロール、VLDコレステロールなどがあり、総コレステロールは、これらのコレステロールの総和をいいます。
コレステロールは、細胞膜の成分、胆汁の成分、ホルモンなどの材料となり、血管壁の維持強化に重要な役割を果たしています。


検査からわかること


【高値】
コレステロールは、血管壁に蓄積して動脈硬化を促進し、心筋梗塞や脳梗塞などの原因となります。
【低値】
肝臓病や栄養失調などがあると、低値になります。


総コレステロールの値と考えられる病気

(単位:mg/dl)
高度の上昇  300以上  →要治療
中等度上昇  240~299  →要再検査または要精密検査
軽度の上昇  220~239  →要経過観察・生活習慣の改善
基準値    120~219  →異常なし
軽度の低下  80~119  →心配ない
中・高度低下 79以下   →要再検査または要精密検査

上記の数値が高値または低値なことによって、考えられる病気は以下です。

【高値】
・脂質異常症(高コレステロール血症)
・糖尿病
・甲状腺機能低下症
・ネフローゼ症候群
・閉塞性黄疸
・クッシング症候群

【低値】
・低βリポたんぱく血症
・栄養障害
・肝硬変
・甲状腺機能亢進症

高齢者や女性の値は…?


男女とも20歳過ぎると、年齢とともに値は高くなりますが、70歳を超えると値は徐々に低下します。

男性


40~60歳代に最も高くなり、240mg/dlも超える人も増えてきます。

女性


閉経後(55~70歳)に高値になる傾向があり、男性より10%ほど高い値を示します。また、妊娠によっても高値になります。


ほかの検査との関連


総コレステロール(TC)の値はLDLコレステロールの値とほぼ同行して激減します。
現在、高コレステロール血症の診断には、LDLコレステロールの測定値を用いるのが適切とされ、総コレステロール値は参考値とされています。

【TC高値】
血糖値も高ければ糖尿病がまた、腎機能検査で異常があれば賢蔵の病気が考えられます。

【TC低値】
肝機能検査で異常があれば肝臓病が考えられます。



著者: fuzzyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査に関する記事

生活習慣病を防ぐ指標!「中性脂肪」検査

生活習慣病を防ぐ指標!「中性脂肪」検査 中性脂肪(トリグリセリド)増えすぎると...

動脈硬化や心筋梗塞などを起こすリスクが上がる?LH比について

  現在健康にすごしている方、特に血液検査をする機会のない方はあまり耳慣れ...


動脈硬化の防止成分量がわかる!「HDLコレステロール」検査

動脈硬化の防止成分量がわかる! 関連する記...

動脈硬化をおこす成分がわかる!「LDLコレステロール」検査

脂質異常・動脈硬化の検査「LDLコレステロール」検査「LDLコレステロール」検査...

カラダノートひろば

検査の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る