カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯列矯正 >
  5. 【 治療期間が短く経済的?! 】部分矯正よく考えて!

気になる病気・症状

【 治療期間が短く経済的?! 】部分矯正よく考えて!

 

 

矯正というとほとんどの方が歯列全体にわたってワイヤーをつなげる装置を思い浮かべると思います。

しかし、患者さんの希望や歯列の状態によっては2・3本からの前歯だけという「部分矯正」という物も行われます。


矯正治療は往々にして治療費が高いので、そういった面で部分矯正を望まれる方が多くいらっしゃいます。

 

この方法を検討中であるのならば、きちんとデメリットについても理解してから全体矯正と比較した方が良いと思いここに書かせていただきます。

 

 

 

【 部分矯正の限界 】

 

その名の通り、部分的な物ですから、全体的な矯正に比べるとできないこともあります。

全体矯正では奥歯から動かすので、当然その分前歯も大きく動かせることになりますが、部分矯正では動かせる範囲が限られているので歯列が大きく乱れていたりすると適用できないこともあります。

 

そういった場合や奥歯が原因で歯列が乱れている場合などはやはり全体矯正をしてもらう事になります。

 

 

 

【 治療法の選択は慎重に 】

 

部分矯正を希望する患者さんの多くが「矯正期間は短く終わらせたい」「治療費は安く済ませたい」という理由だけで来院されます。


確かに矯正装置は違和感があり生活しやすいとは言えませんし、お金だって安い方がいいに決まってます。

なのでこの方法を適用しても問題がないようなお口の中の状況の患者さんにはとってもお得で効果的な方法といえます。

 

しかし中には「なぜ歯列が乱れているのか?」「そこを動かすと結果どうなるのか?」を理解していただいて部分矯正が適当でないと判断されても、先程書いたような治療期間や金銭面の理由だけで希望される患者さんが数多くいらっしゃいます。

 

たかが噛み合わせですがそれが狂うことによってさまざまな弊害があることを忘れないでください。
長い年月をかけて体全体のバランスが崩れてしまう事もあるのです。

 

とはいえ、軽度の矯正には経済的で有効な方法には違いありません。

矯正専門の歯科医もいるので納得いくまで話してみてください。

 

 

 

(Photo by: [//jp.freepik.com/free-photo/smile_37296.htm])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯列矯正に関する記事

歯の矯正にかかる治療・費用は年齢で違う?

  歯の並びは人によって違いますが、歯並びが悪い場合は歯列矯正を勧められる...

【 矯正後の後戻り 】リテイナーはいつまでやるの?!

    歯の並びをよくするために「矯正」をすると、その後には必ず「保...


話題の「マウスピース矯正」、メリットとデメリットは?

  目立たない、痛くない矯正として話題の「マウスピース矯正」。これってどん...

歯列矯正ってどれくらいの治療期間を想定していればいいの?矯正治療期間の目安

  歯並びの悪さを矯正すると言っても、歯並びの悪さの程度によってどんな矯正法が...

カラダノートひろば

歯列矯正の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る