カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肛門 >
  4. >
  5. 「痔になったかも?」と思ったら 早期発見・治療が大切!そのワケ

気になる病気・症状

「痔になったかも?」と思ったら 早期発見・治療が大切!そのワケ

 

日本の成人の実に3割以上が「」である……そんなアンケート結果があるほど、痔は身近な病気です。

さらに、痔の前段階である痔核を持ちながら自覚症状の無い人もたくさんいると言われています。

 

一方で自覚はあっても

 

・診察が恥ずかしい

・病院に行くほどでもない

・手術が痛そうで嫌だ

 

などの理由で診察を先延ばしにし、何年も放っておいてしまう人が多いそうです。

 

自覚した当初に診察を受けていれば何のこともなかった場合でも、放置していたばっかりに症状が悪化、手術が必要になってしまう場合もあります。

 

きちんと病院で診察を受ければ投薬や手術の他、痔を悪化させない・改善するセルフケアや生活指導などを受けることもできます。

 

 

諸外国では「あれ、もしかして痔かな?」といった程度ですぐに診察を受ける人が多く、症状は軽く済み、治療も短期間で済むケースが多いようです。

実際に先進国での痔の手術率を見てみるとアメリカやイギリス、ドイツは日本よりも低い割合であるという結果が出ています。

 

近年の痔の治療では診察の恥ずかしさに配慮したり、手術もかつてのように痛いものではありません。

日常のサインから痔の可能性をいち早く把握すること、そしてできるだけすぐに病院で診察を受けることが大切です。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/08/29-349530.php)

著者: K兵部さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

痔に関する記事

痔の手術後の痛みを和らげるテクニック

  痛みの少ない手術法がどんどん発案されている一方で、どうしても術後の痛みが避...

日常生活の中で意外にお尻に負担が!?隠れ痔に悪い、日常生活の意外な行為とは?

自分でも気づかない内に、病気が進行していることはよくあります。その中で、痔が...


排便時などティッシュや便に少量の血液が!

血便の症状があらわれたときは、慌てずによく便を観察しましょう。 量の少ない...

痔の市販薬を使うときの注意

病院で出された痔の薬を使っている人もいれば、市販薬を使っている人もいます。市販薬...

カラダノートひろば

痔の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る