カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肛門 >
  4. >
  5. 痔になる4つの悪習慣

気になる病気・症状

痔になる4つの悪習慣

 

はある種の生活習慣病であると言えます。

以下の項目に心当たりがある人は、痔の危険が迫っていると言えます!

 

<痔を引き起こす悪習慣>

 

①便秘・下痢

②ストレス、肉体疲労

③冷え

④飲酒

 

いかがでしょうか?

既に痔になってしまった人にも心当たりがあるのではないでしょうか。

 

<便秘・下痢>

 

便秘で便がかたくなると排出する時に肛門に傷が付き、その傷に細菌が入って炎症を起こしてしまうことがあります。

これによって裂肛内痔核になりやすくなります。

そもそも便が腸に長く留まっていることで細菌が増え、炎症しやすい状況を作っているのです。

 

また、便秘のために強くいきむ時の強い腹圧で「動静脈そう」という部分が広がり、痔核になってしまうこともあります。

 

少し意外なようですが、下痢もまた痔の原因になります。

下痢は肛門に大変負担がかかるため、慢性化することで肛門の粘膜を傷つけやすくなります。これもまた痔を引き起こす原因の1つです。

 

<ストレス、肉体疲労>

 

ストレスを受けると体の免疫力が下がり、炎症が起きやすくなります。

肉体疲労もまた身体的なストレスの1つで、同時に筋肉に疲労物質が蓄積することによって痔になりやすくなってしまうのです。

細菌がたくさんいるのが肛門ですから、体の免疫力の強さも痔と深く関係しているわけですね。

 

<冷え>

 

体の冷えは校門付近の血管を収縮させます。

その結果血液の循環が悪くなり、血液が停滞します。この状態を「うっ血」といい、炎症を引き起こしてしまうのです。

 

<飲酒>

 

アルコールを飲み過ぎると血管を広げ、炎症を引き起こしてしまいます。

適量であれば問題ありませんが、飲み過ぎには注意しましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/11/14-372962.php)

著者: K兵部さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

痔に関する記事

肛門狭搾とは?

  肛門狭窄とは、肛門が狭まって便が出にくくなってしまう状態のことです。 原...

痔の市販薬を使うときの注意

病院で出された痔の薬を使っている人もいれば、市販薬を使っている人もいます。市販薬...


毎日の便を観察しよう!排便は病気をチェックする大事な手がかりです!

毎日の便通に違和感を感じることはありませんか? 排便の状態に異常がないか、確...

痔の薬は大きく分けて3タイプ

   市販薬も処方薬も、痔の薬は3つのタイプにわけられます。 これらを症状に...

カラダノートひろば

痔の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る