カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肛門 >
  4. >
  5. 痔ろう >
  6. 痔ろうの4つのタイプ

気になる病気・症状

痔ろうの4つのタイプ

 

痔ろうは化膿した部分や進む方向によって4つに分類されます。

これらの分類に応じて手術方法が異なってきます。

 

・Ⅰ型痔ろう

皮膚組織の浅い部分にできる痔ろうです。

肛門線ではなく裂肛の裂け目に便が詰まって化膿している場合もあります。

発生頻度はあまり高くありません。

 

・Ⅱ型痔ろう

一般的な痔ろうです。

別名を「筋間痔ろう」といい、内肛門括約筋と外肛門括約筋の間に管ができるのが特徴です。

歯状線と呼ばれる部分よりも高い位置にできるものを「高位筋間痔ろう」低い位置にできるものを「低位筋間痔ろう」として区別されます。

 

・Ⅲ型痔ろう

男性に起こりやすい痔ろうです。

肛門の背中側から化膿し、深くて大きな膿瘍ができるのが特徴です。

外肛門括約筋もつらぬいて管ができます。

 

・Ⅳ型痔ろう

まれに起こる痔ろうです。

肛門括約筋の奥にある肛門挙筋をもつらぬき、複雑に管ができるのが特徴です。

 

Ⅰ型や一部のⅡ型では切開で治療することが可能です。

その他のⅡ型〜Ⅳ型では膿瘍や管を取り除く手術や、ゴム輪を利用したシートン法と言われる手術法が行われます。

場合によってはいくつかの方法を併用して治療にあたる場合もあります。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/08/29-349530.php)

著者: K兵部さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

痔ろうに関する記事

痔ろうの手術はどんなもの?

  現在痔の手術法には様々な種類があります。 ここではその名称と概要を一...

痔ろうについて

  「あな痔」とも呼ばれる痔ろうは発熱や激しい痛みを伴う肛門の病気です。 放...


痔瘻にならないために!下痢を防ごう

  痔瘻の原因は腸内に当たり前に存在する大腸菌が原因です。 この大腸菌が肛...

痔瘻と肛門周囲膿瘍は痔の薬では治らない

  痔ろうと肛門周囲膿瘍はその症状から痔の薬が有効のように思うかもしれませ...

カラダノートひろば

痔ろうの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る