カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食道 >
  4. 食道アカラシア >
  5. 食道憩室を引き起こすアカラシアって何?

気になる病気・症状

食道憩室を引き起こすアカラシアって何?

 

 

食道憩室の大半は、嚥下の動きと食道の筋肉の動きがかみ合わない事によって引き起こされます。

その食道の動きの異常である病気に“アカラシア”があります。

 

アカラシアって?

食道の収縮が減ってしまい、食道下部にある噴門部括約筋が緩まなくなる事によって狭窄を起こしたりします。

原因は不明な事が多いですが、噴門部の腫瘍がアカラシアを引き起こす事もあります。

 

症状

食道下部の噴門部括約筋がきつく締まるので、逆に上の食道は広がってしまいます。

食道が広がる事によって、嚥下困難が起こります。また、胸痛や夜間の咳が見られる事もあります。

睡眠中に食物の逆流を起こすことによって、誤嚥性肺炎や肺膿瘍を引き起こす事もあるので注意が必要です。

 

治療方法

食道の正常な収縮を元に戻すことは出来ません。

薬によって噴門部括約筋の緊張を緩めることによって症状を和らげる事ができます。

 

バルーンや拡張器によって括約筋を拡げることもあります。

ボツリヌス毒素を括約筋に注射する方法もあります。

 

それでも駄目な場合は、食道下部括約筋の筋肉を切開することもあります。

 

まとめ

アカラシアになってしまうと、横隔膜上部食道憩室を引き起こしてしまう可能性があります。

食道のリズミカルな収縮によるぜん動運動に失調を来たすと様々な不調が身体に現れてしまいますので、食べ物や飲み物の飲み込み辛さを感じたらアカラシアかも知れないので病院で診察を受けてみましょう。

 

 

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/03/22-346030.php?category=50)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食道アカラシアに関する記事

食道アカラシアに関係する2つの筋肉

  食道アカラシアとは食道から胃の接合部分にある括約筋が、物を飲み下す際に緩ま...

食道アカラシアの診断のために行われる検査

  食道アカラシアは胸がつかえる感覚を多くの人が訴えます。これは食道がんなどの...


3つの食道アカラシア治療方法

  食道アカラシアの治療は大きく分けて3つあります。     薬による治...

若年者・長い経過が特徴のアカラシア

  「若いからまだまだ病気とは関係ない!」なんて思いつつ、ついつい症状をほ...

カラダノートひろば

食道アカラシアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る