カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脂質異常症(高脂血症) >
  4. 基礎知識 >
  5. 合併症 >
  6. 脂質異常症や狭心症など、脂質異常の人がなりやすい病気や合併症

生活習慣病

脂質異常症や狭心症など、脂質異常の人がなりやすい病気や合併症

himann.jpg

脂質異常だったらチェック!脂質異常のときになりやすい病気・合併症!


脂質異常によって、脂質異常症や脂肪肝、糖尿病などが発症し、さらに動脈硬化が進行すると、頭部血管障害や心臓病、腎臓病など重大な病気を引き起こす可能性があります。


・脂質異常症
血液中の脂質であるコレステロールや中性脂肪の値が異常になる状態で、動脈硬化の原因になります。
高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症、高トリグリセリド血症があります。

・脳梗塞・脳出血
脳梗塞は、脳の動脈が詰まってその先に血液が流れなくなり、脳細胞が壊死する病気です。
脳出血は脳の動脈が切れたり破れたりして、脳内部に血液があふれ出て、脳を圧迫したり、破壊します。
いずれも動脈硬化や高血圧が原因で、脳に様々な障害を引き起こします。

・閉塞性動脈硬化症
動脈硬化によって血管が狭くなり、障害が起こる病気です。
下肢動脈におこると、血行障害のため、歩行中に足が痛んで歩けなくなったり、傷が治りにくくなったりします。
重症になると、脚の組織が壊死することもあります。
高齢者に多く見られる病気です。

・心筋梗塞・狭心症
心像を動かしている筋肉(心筋)や心臓の組織に血液によって酸素や栄養を送っているのは、冠状動脈です。
動脈硬化が進み、この感情動脈が狭窄を起こして血流が悪くなるのが狭心症です。
冠動脈が詰まって真菌が編成したり、壊死したりするのが心筋梗塞です。

・慢性腎臓病
メタボリックシンドロームは腎臓病と深い関係があり、腎機能が低下する慢性腎臓病がおこることがあります。特に近年、糖尿病性腎症が増加しています。

・糖尿病
血液中には、エネルギーのもとになる糖分(血糖)が含まれているが、血糖の値が異常に上昇する病気が糖尿病です。
糖尿病を放置すると、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞、閉塞性動脈硬化症などの合併症にかかりやすくなります。

(Photo by //www.sawai.co.jp/kenko-kakeibo/illness/vol12.html )

著者: yasuさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

合併症に関する記事

冠動脈疾患の危険?メタボによる脂質異常症と高血圧症の合併症

     動脈硬化の原因となる疾患と言えば、その一つとして高血圧症があります。 ...

心疾患合併症の原因に!脂質異常症から引き起こされる動脈硬化

               脂質異常症の特徴は、高トリグリセライド(高中...


糖尿病と脂質異常症の関係とは?脳血管障害動脈硬化の危険因子

     脂質異常症と糖尿病の合併は、脳血管障害動脈硬化の危険因子です。  ...

心筋梗塞や脳梗塞…メタボリックシンドロームが原因でなる病気

メタボリックシンドロームで引き起こされる病気メタボリックシンドロームとは?メタボ...

カラダノートひろば

合併症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る