カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. その他内臓 >
  5. 赤ちゃんに胃憩室がある?!生まれつきの胃憩室、胃重複症について知っておこう!

育児・子供の病気

赤ちゃんに胃憩室がある?!生まれつきの胃憩室、胃重複症について知っておこう!

生まれつき胃に袋状、あるいは管状の憩室がある子供がいます。

先天的に憩室のある原因疾患として消化管重腹症があります。

消化管重腹症は口から肛門まで、消化管のどこにでも出ることがあり、胃重複症もそのうちの一つです。

 

胃重複症とは

正常な胃とは別の場所に胃の組織が出来てしまう障害です。胃との交通がある場合とない場合があります。消化管重複症の中ではまれで、ほとんどが腸重複症だと言われています。 

 

胃重複症の原因

なぜ発症するのかのはっきりとした原因は解明されていません。胎児期の消化管と脊髄の分化が起こる時に出来るのだろうと言われています。そのため、消化管重複症の子供には背骨に異常を持っていることがあります。

 

胃重複症の症状

離れてできた胃の組織が、正常な胃と交通してる場合はほとんどの場合において症状はありません。胃の組織が腸などに入り込んでしまうと、袋の中に胃液がたまり、排出されないのでバルーンの様に膨らみ周囲組織を圧迫させることによる症状が出てきます。

 

胃重複症の治療

特に症状が無ければ経過観察を行います。 

消化管を閉鎖させたり、胃とは違う場所に出来た胃組織が胃酸によって潰瘍をつくる場合には手術が行われます。

重複してる部分を切り取るのか、正常な組織と繋げるのかは、重複症の部位や形によって違います。

 

たとえ先天的に胃憩室が形成されていても、適切な手術を受ければ後遺症や障害が残ることは無いと言われています。

不安なことは専門医に相談してみましょう。 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2009/02/23-014442.php)

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他内臓に関する記事

苦しそうな咳、そして嘔吐…体が未発達な子どもが繰り返す胃食道逆流症ってなに?

  胃食道逆流症とはその名のとおり、胃の内容物や、胃酸が逆流して食道へいってし...

乳児が搾乳のたびに吐いている…もしかして「肥厚性幽門狭窄症」!?

新生児は、胃の入り口がまだ完全には閉まりにくく、飲んだ母乳やミルクを吐き出しや...

その他内臓の体験談

新生児黄疸について

初めての出産だと子に少しでも何か普通じゃないことを言われると心配になると思います。私もそうでした。入...

カラダノートひろば

その他内臓の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る