カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. 帯状疱疹 >
  5. 帯状疱疹になったら・・・

気になる病気・症状

帯状疱疹になったら・・・

taijyou.jpg

帯状疱疹になったら・・・

■安静にすることが大事

帯状疱疹の症状の程度はさまざまですが、普通は、医師の指示に従って安静にしていれば自然に治ります。
帯状疱疹は精神的あるいは肉体的に疲れているときになることが多いので、それを回復するためにも十分な栄養と睡眠をとるようにしてください。

■医師の指示に従って治療を受けましょう

症状が出たら、できるだけ早い時期に治療を始める方が早く治ります。
症状に応じて抗ウイルス剤、鎮痛剤、ビタミン剤などで治療します。
いずれにせよ素人判断でお薬を使うのは危険な場合もありますので、医師の診察・治療を受けましょう。
そして、服用方法をきちんと守ってお薬を使うことが早く治すポイントです。

■水ぶくれは破らないように!!

水ぶくれが破れると細菌感染が起こりやすくなります。
細菌による化膿を防ぐために水ぶくれは破らないように注意しましょう。
水ぶくれが破れたり、潰瘍になっているときは入浴を避け、それ以外の時は水ぶくれを破らないように入浴してください。
入浴後は水気を取っておき、さらに、医師から外用薬をもらったときはこれをつけておきましょう。

■人に移るの?

帯状疱疹はほとんどうつることはありませんが、水ぼうそうにかかったことのない人にはうつることがあります。
この場合、帯状疱疹としてではなく、水ぼうそうとして症状がでます。
したがって、小さな子供や妊婦さんにはできるだけ接触しないように注意しましょう。

■神経痛が長引くことがあります

帯状疱疹になると最初は痛みますが、たいていは皮膚の症状が消えると同時に痛みも取れます。
しかし、時にはピリピリする焼けるような痛み(帯状疱疹後神経痛)が続くこともあります。
このような場合、医師の指示に従って適切な治療を続けましょう。

(Photo by //www.kawata-pain.com/shinkei/ )

著者: yasuさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

帯状疱疹に関する記事

ヒリヒリとした痛み「帯状疱疹」の原因のまとめ

      帯状疱疹とは 帯状疱疹はヒリヒリとした痛みを伴うため、下着や...

帯状疱疹の痛みの特徴とは

    帯状疱疹はヒリヒリとした痛みを伴う痛みを伴い症状が悪化すると夜も眠れ...


ウィルス感染症の一種「帯状疱疹」にはこの薬が効く!

  帯状疱疹とは、ウィルス感染症の一種で、水痘・帯状疱疹ウイルスが原因です...

帯状疱疹に気を付けよう!顔面麻痺の原因になる厄介な病気「耳性帯状疱疹(ラムゼイ・ハント症候群)」

  体の中にある帯状疱疹ウイルスが再活性化し、耳のあたりに水疱などを生じるラムゼ...

カラダノートひろば

帯状疱疹の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る