カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. その他 >
  4. 脾機能亢進症 >
  5. 肝硬変が脾臓に与えるダメージ

気になる病気・症状

肝硬変が脾臓に与えるダメージ

「脾機能亢進症(ひきのうこうしんしょう」という病気をご存知でしょうか。『脾臓』の機能が『亢進』する、すなわち正常な状態を超えて機能が高まってしまう病気です。

 

実は様々な病気の合併症として取りざたされる病気なのですが、肝硬変に伴って起こることが最も多いとされています。

 

◆ 肝硬変

ウイルス性肝炎や、アルコール性肝炎などの慢性の肝疾患が原因となり、肝細胞が死滅・減少することで、線維組織に置き変わっていきます。この結果、肝臓が固くなってしまったのが肝硬変です。

 

食欲不振や体重減少、黄疸、腹水がたまったり、意識障害が生じることもあります。また、肝硬変は、元の正常な肝臓に戻ることはありません。

 

◆ 肝硬変から門脈圧亢進症へ

肝臓にかかわる血管に「門脈」という血管があります。消化管やすい臓、脾臓からの血液を受け、消化管で吸収された栄養分を肝臓へ運ぶ役割を持つ血管です。

 

肝硬変を起こすと、門脈の血行が悪くなり、結果、血圧が上昇、門脈圧亢進症となります。食道や胃静脈瘤、脾腫、腹水などの症状が出て、さらに食道や胃静脈瘤などが破たん、吐血したりします。

 

◆ 門脈圧亢進症が進むと

肝硬変などの門脈圧亢進症の原因となる疾患を治療せず放っておくと、門脈にかかわる脾臓にも、症状が出ます。脾機能亢進症を併発し、脾臓の役割である、血球破壊が増進、貧血症状が起こります。

 

具体的にあげると、

・白血球が減少することで、感染しやすくなる

・血小板が減少し、出血が止まりにくくなる

・赤血球が減少し、鉄欠乏性貧血となる

などです。

 

◆ 治療には…

脾機能亢進症にまで至った場合は、薬剤治療や、鉄剤の飲用、脾臓の摘出が多く適用されます。

 

また、胃静脈瘤が出来ている場合は、破裂・出血すると命にかかわることもあるため、これも摘出するか結紮するなどして、静脈瘤の消失を目指すことになります。

 

脾機能亢進症は、何らかの原因の疾病があった上で、起こる病気です。医師にかかって指摘された場合は、原因の病気の完治を目指し、治療にむかいましょう。 

[Photo by //pulsedesign.jp/]

著者: rippleさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

脾機能亢進症に関する記事

脾機能亢進症はいろいろな病気が原因でおきる症候群!

  脾機能亢進症(ひきのうこうしんしょう)は、様々な病気が原因となり、貧血...

女性に多い脾機能亢進症…脾機能亢進症との関係が深い門脈圧って何だろう?

  脾機能亢進症は貧血や血小板減少を伴う脾臓の病気で、どちらかといえば女性に多...


脾臓の肥大:脾腫と、脾機能亢進症

  脾臓(ひぞう)という臓器、ご存知でしょうか。 重さは100g程度で、横隔膜...

症状を見逃さないで!脾機能亢進症を早期発見するためには?

  脾機能亢進症は、脾臓が腫れることで、正常な血球を脾臓が破壊してしまい、...

カラダノートひろば

脾機能亢進症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る