カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

気になる病気・症状

血小板減少性紫斑症とは

 

血小板減少性紫斑症」という病気をご存知ですか?

血小板が減少することで、出血しやすくなり、皮下出血が起こることで紫斑(あざ)が出来る病気です。

 

◆ 血小板って?

血液の中には、様々な成分が存在します。

酸素を運ぶ赤血球や、免疫系の要となる白血球、そして血を止める役割を持つ、血小板などがあります。

出血した場所では、刺激物質により血小板が滑らかな形から金平糖のような突起を出した形に変化します。

この結果、血小板が凝集し、血栓を形成し、止血が行われていきます。

 

この血小板が何らかの原因で少なくなると、出血する時間が長くなったり、紫斑が現れたりします。

 

◆ 血小板が少なくなる原因

血小板が少なくなるには、以下の2つが考えられます。

Ⅰ.血小板の産生能力が低下する

Ⅱ.血小板の寿命が短くなる

 

このうち、【Ⅰ】に含まれるのが、再生不良性貧血急性白血病であり、【Ⅱ】に含まれるのが、血小板減少性紫斑病(特発性血小板減少性紫斑症)なのです。

 

◆ 特発性血小板減少性紫斑症

ITP:Idiopathic Thrombocytopenic Purpura

では、なぜ血小板減少性紫斑病(以下ITP)では、血小板の寿命が短くなってしまうのでしょうか。

 

その原因として考えられているのが、自己免疫疾患です。

血小板を標的とする抗体が作成されてしまい、血小板が脾臓で壊されてしまうのです。

しかし、なぜ抗血小板抗体が作成されるのかは、分かっていません。

 

◆ 症状

体中に、青あざ(紫斑)、点状出血、鼻血、粘膜での出血が起こります。

女性では、月経過多となることも。

あざで済む分には……と思われるかもしれませんが、病気が進むと胃や腸からの出血、脳出血などが起こり、命にかかわる病気です。

 

◆ 治療法

ステロイド系の飲み薬や、重症の場合は脾臓摘出手術や、免疫抑制剤の使用となります。

 

 

子どもの場合、麻疹や風疹、おたふくかぜなどの後に、急に血小板が減ることで発症することもあります。

風邪などの症状の後に、急にあざが増えた場合は、医師にかかりましょう。

 

[Photo by //www.ac-illust.com/main/detail.php?id=9646&word=%E9%A2%A8%E9%82%AA%E6%B0%97%E5%91%B3]

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

特発性血小板減少性紫斑病に関する記事

子どもと[血小板減少性紫斑病]

元気いっぱいの子ども、転んだりぶつけたり、あざを作ったりなんてしょっちゅうです...

血小板減少性紫斑病と生活の注意点

あざができやすい、皮膚に点状の出血をする、鼻血が良く出る……。これらは血小板減...


血小板減少性紫斑病と妊娠・出産

  出血を止めるのに、重要な役割を果たす血液中の成分、血小板。 これが、...

血小板減少性紫斑病の種類

  少し、耳慣れない病気かもしれません、「血小板減少性紫斑症」。 血液中...

カラダノートひろば

特発性血小板減少性紫斑病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る