カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. ヘモクロマトーシス >
  5. アルコール多飲の影響は数知れず……ヘモクロマトーシス

気になる病気・症状

アルコール多飲の影響は数知れず……ヘモクロマトーシス

 

[ヘモクロマトーシス]という病気をご存知でしょうか。

体内の鉄分が過剰になり、臓器に沈着、そして肝硬変や糖尿病、心不全などを引き起こす病気です。

 

○ ヘモクロマトーシスとは

ヘモクロマトーシスは、鉄分の代謝異常による病気です。

特に肝臓、膵臓、皮膚、心臓、関節、甲状腺、下垂体、精巣などの臓器に過剰に沈着し、臓器に障害を与えます

肝硬変、糖尿病、皮膚色素沈着の3つが代表的な症状とされており、さらに心不全もよく合併します。

 

また、甲状腺や下垂体の機能低下、性機能低下などの内分泌系の障害がおき、結果、性欲減退、体毛が抜ける、無月経、睾丸萎縮、関節痛などの全身症状が起こります。

 

このヘモクロマトーシスは、大きく先天性か後天性かに分かれます。

 

◆ 遺伝性のもの:原発性ヘモクロマトーシス

HFE遺伝子の変異によって起こります。

北ヨーロッパ人に多い変異で、アジア人で少なく、発症率は3分の1以下とされています。

 

◆ 後天性のもの:続発性ヘモクロマトーシス

さまざまな病気や生活習慣により、鉄材の過剰投与、過剰摂取などが原因で引き起こされます。

この原因の一つとして、アルコールによる肝障害があるのです。

 

○ アルコール

アルコールの飲用により、鉄が過剰になりやすいと言われています。

特に、ルコール性肝硬変が起きていると、血清鉄の増加が見られており、肝臓の組織の中に存在する、鉄の量も増えているというデータがあります。

 

遊離した鉄は、組織を攻撃し、障害を与えます

つまり、アルコールによる肝臓へのダメージに加えて、さらに鉄を介してダメージを受けるという二重のダメージがおこっていると考えられます。

 

 

女性は、月経や出産、授乳などで鉄を排出する機会が多いため、特に男性において鉄過剰が問題になります。

鉄分は非常に重要な栄養素ではありますが、過剰摂取は厳禁

 

何事も、適切・適量を守りましょうね。

 

[Photo by //www.ashinari.com/2012/11/13-372870.php?category=173]

著者: rippleさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ヘモクロマトーシスに関する記事

薬を使った2種類のヘモクロマトーシス治療!鉄を除去する根本的な治療と臓器への治療

  女性は鉄不足だから鉄を摂取すべき、とよく言われるように人間の体にとって鉄は...

体内の鉄が過剰に……ヘモクロマトーシスとは

  体中に酸素を運ぶのに必要な、鉄分。 足りないと貧血になりますし、サプ...


生後1カ月未満で発症する!?新生児ヘモクロマトーシスとは?

  生後1カ月未満、まだとても小さいころに発症してしまう血液系の病気が新生児ヘ...

鉄分サプリメントの摂りすぎに注意!

赤血球の中でヘモグロビンとして、全身に酸素を供給する「鉄分」。生きて行く上で、...

カラダノートひろば

ヘモクロマトーシスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る