カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 多発性骨髄腫 >
  4. 病気についてちゃんと知ろう!「多発生骨髄腫」とはどんな病気?

ガン・悪性腫瘍

病気についてちゃんと知ろう!「多発生骨髄腫」とはどんな病気?

 

赤血球や白血球、リンパ球など、血液に含まれる細胞を作るのが、骨髄です。

このリンパ球のうち、形質細胞(B細胞が分化したもの)ががん化したものが、多発性骨髄腫です。

 

○ 異常な形質細胞の増殖

本来の形質細胞の働きは、外からきたウイルスや微生物などの異物に対抗する免疫グロブリン、すなわち抗体をつくることです。

 

産生された抗体は、異物を認識し、くっつきます。これは、白血球やマクロファージといった細胞に、「食べてもいいよ」というラベル。白血球などはラベルの貼られた異物をとりこんで破壊(貪食)したり、T細胞などのリンパ球がなどが攻撃し、破壊するのです。

 

ところが、何らかの原因で異常な形質細胞(骨髄腫細胞)が増え、さらにはこの骨髄腫細胞がが産生する異常なガンマグロブリン(M蛋白)が血液中に増え、全身症状が起こるのです。

 

○ 多発性骨髄腫の症状

血液のがんであるため、骨髄腫細胞が増殖する骨髄のみならず、全身様々な臓器や場所に、症状を起こします。

代表的な症状は、下記の通りです。

 

◆ 骨の痛み

増殖した骨髄腫細胞が放出する因子が、骨を壊す細胞(破骨細胞)を活性化し、骨に穴があいたような状態となり、もろくなります

そのため、徐々に痛みが強くなり、場合によっては圧迫骨折を起こします。

 

◆ 高カルシウム血症

破壊された骨によって、血中カルシウム濃度があがります。

カルシウムは、神経系に非常に重要な役割を担うイオンでもあります。

そのため、悪心、おう吐、中枢神経障害などがおこります。

 

◆ 腎障害・腎不全

高カルシウム血症も原因となりますが、骨髄腫細胞から異常に産生されるグロブリンが腎尿細管を障害してしまいます。

 

◆ 貧血

骨髄腫細胞が増殖するため、正常な赤血球の産生が抑制され、貧血がおこります。

 

他にも、感染症や神経症状、など、全身の様々な症状が起こりえます。

このことからも、予後はあまり望ましくなかったのですが、近年新規薬剤の開発が非常に目覚ましく、サリドマイドやサリドマイド誘導体などが認可され、使用されています。

 

血液検査で高γグロブリン血症とされたり、腰痛が続いたりして受診される方が多いそうです。

新薬も認可されてきている現在、一刻も早い発見が望まれます。

 

[Photo by //pulsedesign.jp/download/clipart/home_health/index.html]

著者: rippleさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

多発性骨髄腫に関する記事

サリドマイド(多発性骨髄腫)治療のメリット・デメリットとは?

  従来の抗がん剤より副作用の少ない『サリドマイド(多発性骨髄腫治療薬)』とは...

血液の癌である多発性骨髄腫と原発性マクログロブリン血症

  血液の癌というものをご存じでしょうか。 様々な臓器が癌化することは誰も...


多発性骨髄腫と原発性マクログロブリン血症の症状

  血液に異常な抗体が増殖する多発性骨髄腫は血液の癌とも言える血液の病気で...

多発性骨髄腫と分子標的薬の効果

    多発性骨髄腫とは? 多発性骨髄腫は、高齢の方に多く見られる、骨髄に...

カラダノートひろば

多発性骨髄腫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る