カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 多発性骨髄腫 >
  4. 多発性骨髄腫の補助療法

ガン・悪性腫瘍

多発性骨髄腫の補助療法

 

血液検査での高γグロブリン血症の発見や、著しい腰痛などの受診で発覚することのある、多発性骨髄腫

血中のリンパ球のうち、形質細胞(B細胞が分化したもの)ががん化したものです。

 

本来の形質細胞の働きは、外からきたウイルスや微生物などの異物に対抗する免疫グロブリン、すなわち抗体をつくること。

ところが、何らかの原因で異常な形質細胞(骨髄腫細胞)が増え、さらにはこの骨髄腫細胞がが産生する異常なガンマグロブリン(M蛋白)が血液中に増えてしまうのです。

 

主な症状は、血液にかかわるだけあり、全身に及びます。

代表的な症状は、下記の通りです。

 

◆ 骨の痛み

◆ 高カルシウム血症(悪心、おう吐、中枢神経障害など)

◆ 腎障害・腎不全

◆ 貧血

 

他にも、感染症や各種の神経症状、などなど……。

 

治療法としては、主に化学両方(抗がん剤治療)が選択されますが、骨髄腫細胞を根絶することはなかなか難しいのが現状です。

 

そのため、骨髄腫細胞に対する治療以外に、今起きている症状を軽減する、あるいは予防するために、積極的に行う治療法を、補助療法といいます。

 

○ 多発性骨髄腫の補助療法

 

◆ 感染症対策・貧血対策

抗ウィルス剤や抗生物質を用います。

また症状によっては、白血球を増やす薬を用いたり、赤血球・血小板輸血を行います。

 

◆ 腎臓障害への対策

腎不全に陥った場合は、透析が必要になります。

 

◆ 骨の痛み

骨がもろくなることにより、骨が潰れる、圧迫骨折を起こすなどして、骨が痛みます。

通常の解熱鎮痛剤を使うこともありますが、特に痛みが強い場合は麻薬系鎮痛剤が適用されます。

また、骨を強くする目的に、骨・カルシウム代謝薬や、破骨細胞の働きを抑える薬を用います。

 

 

昨今、QOL(Quality of Life)向上ということで、病気を治す目的だけではなく、その治す間、治ってからの生活の質を向上させる目的も、共に合わせた治療法が見直されています

セカンドオピニオンなども活用しつつ、信頼できる医師、医療スタッフらと、病に立ち向かいましょう。

 

[Photo by //www.ac-illust.com/main/detail.php?id=9645&word=%E8%96%AC%E5%89%A4%E5%B8%AB%EF%BC%8F%E5%95%8F%E8%A8%BA]

著者: rippleさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

多発性骨髄腫に関する記事

多発性骨髄腫の治療法

  多発性骨髄腫とは、外部の異物(ウイルスや微生物)などから体を守る、形質...

日常生活で気をつけること:多発性骨髄腫

  多発性骨髄腫という病気をご存知でしょうか。   赤血球や白血球、リ...


多発性骨髄腫と原発性マクログロブリン血症の症状

  血液に異常な抗体が増殖する多発性骨髄腫は血液の癌とも言える血液の病気で...

血液の癌である多発性骨髄腫と原発性マクログロブリン血症

  血液の癌というものをご存じでしょうか。 様々な臓器が癌化することは誰も...

カラダノートひろば

多発性骨髄腫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る