カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 多発性骨髄腫 >
  4. 日常生活で気をつけること:多発性骨髄腫

ガン・悪性腫瘍

日常生活で気をつけること:多発性骨髄腫

 

多発性骨髄腫という病気をご存知でしょうか。

 

赤血球や白血球、リンパ球など、血液に含まれる細胞を作るのが、骨髄です。

このリンパ球のうち、何らかの原因で形質細胞(B細胞が分化したもの)ががん化したものが、多発性骨髄腫です。

 

骨髄に異常な形質細胞(骨髄腫細胞)が増え、さらにはこの骨髄腫細胞がが産生する異常なガンマグロブリン(M蛋白)が血液中に増え、全身症状が起こります。

 

具体的な症状は、以下の通りです。

 

◆ 骨の痛み

もろくなった骨が痛みを起こし、場合によっては圧迫骨折を起こします。

◆ 高カルシウム血症

悪心、おう吐、中枢神経障害などがおこります。

◆ 腎障害・腎不全

◆ 貧血

◆ 感染症や神経症状

など、全身の様々な症状が起こりえます。

 

○ 多発性骨髄腫になったとき、日常生活で気をつけること

体調の変化には注意し、少しでも気になることは医師に相談します。

また、症状がなくとも薬の服用や定期受診はしっかり行いましょう。

 

◆ 骨に負担をかけない

 重いものを持ち上げる、体をねじる、中腰などの体制は、骨に負担をかけます。

 骨折をしないためにも、避けましょう。

 

◆ 適度な運動

 まったく運動をしないと、筋肉が衰える、骨がさらにもろくなってしまいます

 散歩するなどしましょう。

 

◆ 食事はバランスを考えて

 化学療法中は食欲不振になることもあります。少しずつでもかまいませんので、食べられる物をとりましょう。

 その他のときは、たくさんの品目をバランス良くとります。

 

◆ 水分をとる

 腎臓への負担を軽減する、また血液の濃度を下げるために、水分を意識してとりましょう。

 

◆ 骨の痛みを軽減する

 骨の痛みは、我慢することはありません。主治医に相談し、麻薬系鎮痛剤の使用も推奨されています。

 また、痛いからと言って自己判断で市販の鎮痛剤などを使用することは避けましょう。 

 

長い闘病になることも少なくありません。

主治医や薬剤師など医療スタッフとしっかり話をし、症状や服用する薬・副作用も理解した上で、積極的に治療に参加するようにしましょう。

 

[Photo by //www.ac-illust.com/main/detail.php?id=15180&word=%E7%99%BD%E8%A1%A3%E3%81%AE%E5%85%88%E7%94%9F%EF%BC%88%E6%8C%87%E5%B7%AE%E3%81%97%E3%83%BB%E5%8F%B3%EF%BC%89]

著者: rippleさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

多発性骨髄腫に関する記事

多発性骨髄腫と分子標的薬の効果

    多発性骨髄腫とは? 多発性骨髄腫は、高齢の方に多く見られる、骨髄に...

多発性骨髄腫の8つの種類

  免疫にかかわる形質細胞が異常増殖する、多発性骨髄腫。 血中のガンマグ...


多発性骨髄腫の治療法

  多発性骨髄腫とは、外部の異物(ウイルスや微生物)などから体を守る、形質...

サリドマイド(多発性骨髄腫)治療のメリット・デメリットとは?

  従来の抗がん剤より副作用の少ない『サリドマイド(多発性骨髄腫治療薬)』とは...

カラダノートひろば

多発性骨髄腫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る