カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. アレルギー(免疫異常) >
  5. 食物アレルギー >
  6. 食事制限は必要?年齢による症状は?~子供のアトピー性皮膚炎~

育児・子供の病気

食事制限は必要?年齢による症状は?~子供のアトピー性皮膚炎~

atopii2.jpg

アトピー性皮膚炎のお子さんがいる親御さんへ


■アトピー性皮膚炎ってどんな病気?

アトピー性皮膚炎は、皮膚がカサカサしたり、赤いブツブツができたりして、かゆみがとても強い皮膚の病気です。
生後2~3ヶ月を過ぎたころから発症し、症状はよくなったり悪くなったりを繰り返して、なかなか治らないこともあります。

年齢による症状の違い
アトピー性皮膚炎は、特徴的な症状が年齢によって変化します。

○乳児期
顔などに赤いブツブツやジュクジュクした発疹

○幼小児期
首、ひじやひざの裏側などが乾燥し、ザラザラする

○思春期以降
皮膚がゴワゴワして赤くなったり、黒ずんだりする


■アトピー性皮膚炎の原因って何?

アトピー性皮膚炎には、〈アトピー体質〉という遺伝的な要素が関係しています。
このような体質のこの皮膚は弱く、かゆみが起こりやすくなっています。
さらにダニやほこり、食べ物などのアレルゲン、また乾燥や汗などの刺激が加わると、アトピー性皮膚炎が増悪すると考えられています。

○アレルゲン
ダニやほこり、食べ物

○皮膚を刺激するもの
乾燥、汗、ひっかき

■どんな薬が使われる?

治療の基本はステロイド外用薬やタクロリムス軟膏、保湿薬などの塗り薬です。
また、かゆみが悪化の原因になるため、これをおさえるために抗ヒスタミン薬などの飲み薬も使われます。
抗ヒスタミン薬の中には、集中力や判断力、作業能率の低下をおこすものがあります。
この状態をインペアード・パフォーマンといい、自分では自覚できないこともあります。
インペアード・パフォーマンスを起こしにくいものもあるので、医師または薬剤師に相談してみましょう。

■食事制限は必要?

アトピー性皮膚炎では、基本的に食事制限は必要ありません。
保護者の方の判断でむやみに食事を制限すると、お子さんの成長に影響を与えることもあるので注意しましょう。
食事制限が必要なのは、アトピー性皮膚炎とは別に食物アレルギーが疑われるお子さんです。
このような場合は原因となる食品を突き止めたうえで、医師の指導のもと食事制限が行われます。

(Photo by //polalady.com/akachan/ )

著者: yasuさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食物アレルギーに関する記事

秋生まれの子どもは食物アレルギーが多い!?気になる!生まれ月とアレルギーの関係

   秋に生まれた赤ちゃんは、食物アレルギーを発症しやすい傾向がある、という研究...

アレルギーによって起こる病気「気管支喘息」…親御さんはどう対処すればいい?

  気管支喘息は別名、小児喘息といわれています。アレルギー反応により呼吸がしに...

食物アレルギーの体験談

ママの母乳からアレルゲン食品飲んでませんか?赤ちゃんの肌荒れの原因はアレルギーでした。

息子は産まれて間もないころから乳児湿疹がひどかったです。 病院にいって塗り薬をもらうも、よくなった...

生後8か月で卵・乳アレルギーの反応が!!

アトピーのような症状が生後5か月ごろから長く続いたので、血液検査をしてみることをすすめられました。結...

カラダノートひろば

食物アレルギーの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る