カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 胃ポリープになったら気をつけたい食習慣・生活習慣!症状と治療法は?ピロリ菌の切っても切れない関係

気になる病気・症状

胃ポリープになったら気をつけたい食習慣・生活習慣!症状と治療法は?ピロリ菌の切っても切れない関係

胃に負担をかける生活を送っている方は胃ポリープを起こしやすいと言われています。胃ポリープにならないための予防をするには、或いは胃ポリープになってしまった方が改善するためにはどんな事に普段気をつけていればいいのでしょうか?

 

胃ポリープの予防 

ストレスを溜めない 

ストレスは交感神経を優位にさせるので、胃酸が増え粘液が減ってしまいます。胃粘膜を守る粘液が減って胃酸にさらされると、胃粘膜が傷ついてしまいます。

 

ゆっくりとよく噛んで食べる 

よく噛むことによって食物が細かく砕かれ、唾液の消化酵素も十分に働くので胃への負担が少なくなります。また、ゆっくり良くよく噛んで食べることによって満腹中枢が刺激されて腹八分目で満足することができます。過食は胃への負担になります。

 

刺激物を避ける

唐辛子などの刺激の強い香辛料が入った食べ物、塩分の強い食べ物、脂っこい食べ物、度数の強いお酒は避けましょう。

 

どうしてもお酒を飲む時は、空腹状態で飲まないこと、焼酎やウイスキーを飲むならお湯割りや水割りにすること、揚げ物と一緒に飲まないといったことに気をつけましょう。

 

胃炎を治す

胃炎は胃ポリープを誘発します。日常生活の改善が難しい場合は、制酸薬や胃酸分泌抑制薬を飲んで胃炎を治しましょう。 

 

規則正しい生活、適度な運動、十分な睡眠

胃酸の分泌は自律神経によって調整されています。自律神経を整えるには、規則正しい生活、適度な運動、十分な睡眠が不可欠です。

 

胃はとても繊細な臓器なので、胃ポリープの改善・予防のためには生活習慣の改善が最も効果的です。

 

 

ポリープが発覚!おばえておきたいポリープの症状と治療の流れ

胃ポリープは特に症状を感じていなくても、人間ドックや別の疾患の為の検査で見つかることがあります。胃ポリープは癌に変わる可能性があると言われていますが、実際にはどうなのでしょうか?

 

胃ポリープって?

胃の粘膜が膨らんで突起ができたものを胃ポリープと言います。

ポリープにもいくつかの種類があるのですが、一般的に胃ポリープと言われているものは過形成ポリープと言って良性腫瘍の一種です。

 

胃ポリープの症状は?

胃ポリープは良性腫瘍なので、移転することも症状が出てくることも基本的にはありません。

まれに、胃の出口付近にポリープが出来ることによって食物の流れが悪くなり胃もたれを起こしたり、大きくなった或いは沢山できた胃ポリープから出血して貧血を起こすことがあります。

 

胃ポリープを検査するには?

殆どの方が無症状なので、集団検診で偶然見つかったと言う方も多いでしょう。

胃ポリープが見つかった場合には、悪性か良性かを、造影剤を使ったレントゲン撮影や内視鏡(胃カメラ)で検査します。

 

胃ポリープの治療は?

症状が無ければ治療はせずに経過観察のみです。

症状がある場合のみ切除することがあります。

 

以前は胃ポリープと言うと、癌の前身なので切除しなければならない、とされてきましたが、現在では悪性ではないと分かればそのままにします。

貧血や胃もたれを起こしてる場合はきちんと検査と治療を受け、胃ポリープが見つかっても特に問題の無かった人は心配することは無いでしょう。

 

 

出来たらどうする?!胃のポリープの種類と原因、治療について

胃のポリープは症状があまり出ないため、検診で見つかるというケースも多いようです。名前は広くしられているけれども実態はよくわからないポリープですが、できる原因や見つかった時の治療方法はどのようなものなのでしょうか。

  

ポリープの種類と原因 

胃ポリープにはいくつか種類がありますが、発見される頻度が高いポリープは主に3種類です。それぞれのできる原因は下記の通りです。

 

・腺腫性ポリープ

はっきりとした原因は不明ですが、できた場所の粘膜周辺に強い萎縮が見られることから、胃の粘膜の性質がなんらかの理由で変化してしまい発生するものと考えられています。

 

・過形成性ポリープ

胃の粘膜に炎症がおきて潰瘍ができ、それを修復しようとする働きによって粘膜が過剰に作られてしまうことで発生するようです。

 

・胃底腺ポリープ

はっきりとした原因は不明ですが、30代から40代の女性に多く発症することから、女性ホルモンなどが関与しているのではという説もあります。

 

検査と治療 

ポリープがあると言われたら改めて検査を受けます。

内視鏡を用いた形状の観察や、組織を採取して詳しく調べる方法がとられ、どういった種類のポリープであるかが判断されます。

 

どの種類のポリープであっても、小さいうちは切除や治療は行わず、経過観察となります。ただ、腺腫性ポリープはがんへと進展するケースも少なくないため、がんの疑いが強いものや2cm以上の大きさへと成長している場合は切除されることもあります。

 

ポリープの悪化

もし「がん化」したとしても、そのほとんどは粘膜内におさまるものが多いため、大きくなってからの切除でも心配しすぎることはないでしょう。

また、他のポリープでも経過観察中にがん化している疑いがあったり、出血していて貧血を引き起こす可能性があったり、食物の通過に支障をきたすようであれば切除も検討します。 

 

一度病院で問題ないと言われても、時間の経過とともに問題が起きてくることもあります。定期的に検査を受けるよう支持されたらきちんと行くようにしましょう。

 

 

ポリープができてしまった!よく耳にするポリープの症状と治療について 

ポリープってどんなもの?

胃のポリープはよく聞く事があるでしょう。大きさは大小様々ですが、胃カメラ等で見つかるケースが多くあります。また、十二指腸にもポリープはできますが、胃のポリープの様に発生頻度は高くありません。良性が多いですが、1万人に2、3人程度と言われています。

 

3センチ以上のポリープは悪性の確率が高くなります。術後の経過を慎重に診ていく必要があります。

 

胃や十二指腸にできるポリープの原因

ポリープの場合の原因は、多量の胃酸と言われています。胃酸が胃の粘膜を攻撃し、傷つけられた粘膜を再生しようと、新しく粘膜細胞を作り出します。その粘膜を過剰に作ってしまう事で、正常の表面よりも膨張してしまいます。これがポリープなのです。

 

食事を抜いたり、過剰な量を食べるという事は、胃酸を過剰に分泌させるのです。特に怖いのが、夜遅く食事を摂る事で、睡眠中も多量の胃酸が出続ける事です。胃酸には生活習慣が大きく関わります。

 

食生活の欧米化が、ポリープの発生に繋がっているのかもしれません。

 

ポリープの治療方法

1cmを越える大きめのポリープの場合は、癌との区別をする為にも、発見されたら内視鏡での切除を勧められます。

 

ただし、ポリープは十二指腸のガンにならないと言われています。ただし、発生頻度が低い為にポリープとガンの関係は定かではありません。

 

ポリープの予防方法

規則正しい食生活、ストレスを溜めない生活がポリープを予防します。また、胃潰瘍や十二指腸潰瘍等消化器の病気の予防の一環として、ピロリ菌検査を受ける様にしましょう。

 

陽性の場合は、早期治療をお勧めします。

 

 

胃ポリープは一部がん化するものも…まずは詳しい検査を受けてみよう!

胃ポリープができていても特に症状が無いことが多く、検診で胃ポリープが見つかったということも良くあるようです。ポリープがあると聞くと「それってがんなの?今後がんになってしまうの?」と不安な気持ちになるかもしれません。

 

しかしポリープにはいくつかの種類があり、「ポリープ=がん」というわけではありません。 

 

良性のものと悪性のものが 

胃ポリープとは、胃の粘膜の一部が盛り上がって突起しているものです。胃ポリープでよくみられるのが「腺腫性ポリープ」、「過形成性ポリープ」、「胃底腺ポリープ」です。

 

・腺腫性ポリープ

胃腺腫とも呼ばれます。整った凹凸があり、色は白っぽく見え、ブロッコリーのように茎のあるものと無いものがあります。高齢の男性に多くみられます。がんの前段階である可能性があり、大きくなってくるとがんが発生する場合があります。2cm以上になったら要注意です。

 

・過形成性ポリープ

胃の粘膜のが炎症やその他の要因により厚くなり盛り上がったものです。白っぽい色をしています。がんになることは少なく、確率としては数%ほどです。

 

・胃底腺ポリープ

茎が無く盛り上がったおできのようなポリープです。30代から40代の女性に多くみられます。がんになることはまれです。ピロリ菌に感染していない胃にできやすいとされています。

  

胃ポリープがあるという検査結果が出たら、自分のポリープがどのタイプなのか調べるため医療機関を受診することが大切です。昔はポリープは切り取るのが一般的だったようですが、現在では腺腫性であったり飲食物が通過する時の障害になったり、血が滲み出していて貧血の原因になるような場合を除き、温存して様子を見るようです。

 

大きいようであれば様々な可能性などを考慮して、切除するという選択もなされます。まずはしっかりと詳しい検査を受けてみましょう。

 

 

胃のポリープ~切除が必要なポリープって?

胃のポリープとは、胃の粘膜が隆起した状態を指します。

 

胃に出来る隆起を総称して隆起性病変と言います。その隆起性病変は腫瘍性病変と非腫瘍性病変に分けられますが、ポリープは非腫瘍性病変に属します。

ポリープは、癌化する事はありません。癌は腫瘍性病変の悪性に属します。

ポリープは、ある程度の大きさまで達したらそれ以上大きくはなりません。

そして症状もほとんどありません。

 

そのようなポリープの場合は治療を行わず、経過観察である事が多い様です。

しかし、中には切除の必要なポリープもあります。

 

貧血になっている場合

大きなポリープができている、たくさんできている場合は、ポリープの周囲から出血が起きる事があります。

その出血が長く続く事で貧血になっている場合には、切除が必要となります。

 

通過障害がある場合

胃の出口付近に大きなポリープがある為、胃の出口が狭まっている、または詰まってしまう事があります。

すると、胃の内容物が胃から腸へ通過できなくなります。これが通貨障害です。

胃がもたれる等の症状が出ることがあります。切除をする必要があります。

 

ポリープの切除方法

一般的に内視鏡を使った処置が行われます。

高周波電流を流すので、患者さんの身体には負担の少ない方法と言えます。 

大きさによますが、自然消滅する事もあります。

 

きちんと検査をして、適切な治療を受けることが大切です。 

 

 

あなたの胃は大丈夫?胃ポリープとピロリ菌の切っても切れない関係

集団検診や人間ドックを受けたら胃ポリ―プが見つかった、そんな方は大勢います。胃ポリープは無症状であることが多いからです。

 

胃ポリープとピロリ菌には関連があると言われています。

  

胃ポリープって?

胃の粘膜にポコッと膨らんで出来た病変を総称して胃ポリープと言います。形や出来る場所などで分類できるのですが、ピロリ菌と関係する胃ポリープと、関係のない胃ポリープがあります。

 

ピロリ菌と関係する胃ポリープ

ピロリ菌と関連のあるのは胃過形成ポリープです。胃過形成ポリープの患者にはピロリ菌感染が認められ、ピロリ菌を除菌することによって退縮あるいは消失することが分かっています。

 

が、現時点では胃ポリープに対するピロリ菌検査・除菌の保険適用は認められていません。自費での検査・治療になるので病院に問い合わせてみましょう。

 

 

ピロリ菌と関係の無い胃ポリープ

胃底腺ポリープはピロリ菌と関係のない、女性に多い胃ポリープです。胃の出口付近(胃底腺)の消化酵素は、ピロリ菌とバランスを保って出ています。ピロリ菌がないと消化酵素が出過ぎて、胃の出口付近にポリープが形成されてしまいます。

 

どちらの胃ポリープも良性腫瘍なので、移転や症状が出ることはほとんどありません。が、治療が必要なケースもあります。そんな時に、胃ポリープが見つかった時に出来た場所、ピロリ菌の感染の有無を知るのは 治療方針を決めていく上では大切です。

 

胃ポリープが見つかった時には医師に聞いてみましょう。

 

現代人に多い!胃のポリープ癌とは関係ない!?

健診で、胃ポリープを指摘された事がありますか?

ポリープが将来癌になるのではないかと不安に感じている方も多くいる様ですが、ポリープは癌とは全く関係のないものだという事が分かりました。

 

胃のポリープは、胃の粘膜が隆起しているものです。

ポリープを含む、胃に出来る隆起を総称して隆起性病変と言い、「腫瘍性病変」と「非腫瘍性病変」に分けられます。

 

腫瘍性病変は、増殖していく特徴があります。他の臓器やリンパ節等に、転移するものが悪性です。 それ以外の転移しないものは良性です。

胃の粘膜から発生する上皮性、粘膜より下の筋肉等から発生するものを非上皮性と言われます。

非腫瘍性病変は、ある程度の大きさになると、それ以上大きくなりません。

非上皮性病変も、腫瘍性病変と同様に、上皮性と非上皮性に分けられます。

しかし発症のほとんどが上皮性の病変です。 

上皮性病変には、過形成ポリープや嚢胞性ポリープ、潰瘍、びらん等の種類があります。 

通常、胃のポリープとは、この「過形成ポリープ」を指します。

 

検査

ポリープは、自覚症状がほとんどありません。

その為、ポリープが見つかったという人は、検診等で胃のエックス線で、偶然見つかるケースがほとんどの様です。 

この検査で、胃の壁に隆起性病変が発見された場合には、内視鏡検査で更に詳しく調べます。 

この検査の場合は、胃の壁を直接観察し、病変の形状や大きさを診てもらいます。

胃癌が疑われるような場合は、組織を採って調べます。

特別な場合は除きますが、ほとんどのポリープの場合、何の症状も現れません。

大きさが一定以上には大きくならない上、癌のように転移する事もありません。

ですので、ポリープは処置をする必要がありません。

 

原因

胃のポリープは傷の修復でできます。胃液等で傷ついた粘膜の修復を行った際、その部分が隆起します。この事からも癌とは関係がない事が分かります。

 

胃が弱い人は特に出来やすいポリープですが、現代人はストレスが多く、そのストレスが胃に影響している事が多いと言えます。

ストレスを感じ胃がキリキリ痛むような場合は、胃が荒れている状態です。

また、薬の副作用や飲酒、刺激のある食べ物で胃が荒れる場合もあります。

 

ストレスと因果関係のとても強いポリープは、現代病とも言えます。

ストレスを溜める、過度な飲酒、刺激物はなるべく避けた生活を送ると発生リスクが下がります。

また、胃の弱い方は特に注意が必要です。

 

(Photo by:http://www.ashinari.com/2013/02/28-376750.php) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃に関する記事

胃の一部が袋状に!胃憩室について知っておこう!胃拡張は腹部膨満と嘔吐を繰り返す危険な病!

胃憩室とは、胃壁の一部が袋のように膨らんで憩室を形成したものです。十二指腸憩...

飲みすぎた後腹痛が起こるワケ もしかした胃腸の病気の可能性も!?

アルコールは過剰に摂取すると脳の判断能力が低下してしまい、自分の想定している...


逆流性胃腸炎の改善に効果的なヨーグルト!その効果とは?おすすめの外食メニュー!今話題の胃食道逆流症(GERD)とは?

逆流性胃腸炎は、ストレスが原因で起こると思っている方が多いと思います。もちろ...

胃下垂に多い過食と消化不良 どんな症状があるの?改善するための方法とは

胃下垂は、胃が正常な位置よりも下まで垂れ下がっている状態のことを言います。症...

カラダノートひろば

胃の関連カテゴリ

胃の記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る