カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 喘息・気管支炎 >
  4. 基礎知識 >
  5. 喘息を正しく理解しましょう

アレルギー

喘息を正しく理解しましょう

zennsoku.jpg


■喘息の症状とは?


喘息は、咳や痰、息苦しさやゼーゼ―・ヒューヒュー(喘鳴)など、さまざまな症状が現れる病気です。
また喘息の症状は、夜間や早朝に起こりやすいのが大きな特徴です。
季節の変わり目など、気温差が激しいとき、天気が良くないとき、疲れているとき、風邪をひいたとき、症状を引き起こすアレルゲンや刺激物質を吸い込んだとき(ダニ、ホコリ、タバコの煙など)にもおこりやすいといわれています。

主な症状
・息苦しい
・咳き込む
・痰
・呼吸時にゼーゼ―、ヒューヒューという音(喘鳴)が出る
・夜間や早朝に咳や喘鳴などの症状が出やすい
・喘息症状で夜間、目が覚める
・走ったり運動した後、息苦しい

■喘息は気道が狭くなる病気?


喘息は空気の通り道である気道(気管支)の内側に炎症があり、空気の流れが制限される病気です。
刺激に対して気道が非常に敏感になり、わずかな刺激で症状が起きるため、空気の流れが制限されるだけでなく、気道の炎症が長く続くと気道の壁が厚く硬くなります。


■喘息の治療は?


喘息の治療に使われる薬剤には、ロイコトリエン受容体拮抗薬、テオフィリン除放製剤、β2刺激剤、ステロイド剤などがあります。
この中で吸入ステロイド剤が基本の治療薬としてガイドラインに書かれています。
これは、喘息症状の出る原因が、気道に起こっている炎症であるからです。
吸入ステロイドは気道の炎症を抑える作用が強くかつ直接気道に届くため、少量で喘息の原因である気道の炎症をおさえることができます。
ただし、正しくしっかり吸入することが大切です。

近年、1つの吸入器でステロイドと、狭くなった気道を拡張させて症状を抑制する気管支拡張薬の2種類の薬剤を同時に吸入できる配合剤も使えるようになりました。

■ステロイドって怖い薬じゃないの・・・?


ステロイドと聞くと、「副作用が強いから使いたくない」と思っていませんか?

吸入ステロイドは、経口のステロイドに比べ、ごくわずかの量で気道の炎症を抑え、全身的な副作用もほとんどないのが特徴です。
吸入ステロイドの主な副作用は、声がかれる、喉や口腔内の違和感などです。

副作用を減らすために、吸入後にうがいをしましょう。

吸入ステロイドが登場して日本でも喘息による死亡者数、入院患者数、救急受診患者数は急速に減少しました。
このようなことから、現在では吸入ステロイドが喘息治療の基本となっています。

(Photo by //hokenplannavi1976.com/wordpress/archives/1277 )

著者: yasuさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

アレルギー性喘息の8つの検査方法

喘息の診断のためには、いくつかの検査が必要とされます。●胸部X線検査喘息ではない...

薬で治らない、長引くせきの原因はストレス!?気管支喘息の可能性も!

発咳(はつがい)を風邪だと思い込んでいませんか?     数か月前から発...


アレルギー性喘息の仕組み

アレルギー性喘息が起こる仕組みを見てみましょう。●アレルギー性喘息もアレルゲンが...

偏西風によって飛来するPM2.5

  大気中の微粒子の大きさを示すPM2.5という指標ですが、この2.5μメート...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る