カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

気になる病気・症状

胆石症・総胆管結石症とは?

 

お腹の中に出来た石を結石といいます。

胆石は、胆のうや胆管の中にできた結晶の事。

 

少しの痛みがあったり、かなり痛かったりと場所によって痛みも違うそうですが…。

そもそも、胆のうってどこにあるのでしょうか。

 

○ 胆のうとは

肝臓で作られた胆汁は、胆のうで濃縮され、胆管を通り十二指腸へ流れます。

この胆汁は、胃から十二指腸へ送られてきた脂肪を分解するのを助ける、消化にかかわる一員です。

 

この胆汁に含まれる、コレステロールやビリルビン、カルシウムなどが固まってしまい大きく結晶となったものを、胆石と呼びます。

 

胆石(結石)の出来る場所によって名前が変わります。

 

◆ 胆内胆管結石:肝臓内の胆管にできたもの

◆ 胆のう結石:胆のう内にできたもの

◆ 胆のうから総胆管や、総胆管にできたもの:総胆管結石

 

○ 症状

胆石症は、胆のうの中にあると症状が全くない場合もあります。

また、胆管に小さいまま移動し、無事小腸に流れて行けば、無痛で終わります。

 

ただし、胆管や十二指腸への出口をふさいでしまった場合が問題で、波のある痛みに襲われることになります。

また、脂肪分を含む料理を食べた後、30分から2時間後ぐらいにみぞおち付近が痛むように。

吐き気やおう吐を伴う場合もあります。

 

そして、胆管がふさがれて感染が起こってしまうと、発熱・悪寒・黄疸がでてきます。

 

○ 治療

症状がない場合は、とくに治療は必要ありません。

痛みがある場合には、胆石を溶かす薬や、外部からの破砕法を検討します。

また、腹腔鏡手術などの、摘出手術が行われます。

 

コレステロールを含む結石が多いことからも、コレステロールの高い食事を摂ることが胆石症の原因のひとつとも言われています。

メタボ対策のためにも、そして胆石回避のためにも、栄養バランスのとれた食事が重要ですね。

 

[Photo by //www.ac-illust.com/main/detail.php?id=40561&word=%E5%8D%9A%E5%A3%AB]

著者: rippleさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胆石症に関する記事

胆石・胆嚢ポリープは『リンゴ酸』で溶解し、『オリーブオイル』で流すことが出来る?

脂っぽい食事を頻繁に食べていたり、逆に極端に食事を抜くなどで胆嚢に胆汁が滞留し...

高コレステロールの方は要注意?胆石症・胆管結石の原因とは?

  肝臓から十二指腸へ、脂肪を分解する手助けを行う胆汁(たんじゅう)を送る...


胆石症・胆管結石におすすめの食事

  体内にできる石を結石といいます。 その中でも、脂肪を分解する手助けを...

胆石って一体何?胆石ができるメカニズムと症状まとめ

  胆のうと胆管は、脂肪を分解する手助けを行う胆汁(たんじゅう)を送る機能を持...

カラダノートひろば

胆石症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る