カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 胆道・胆嚢・膵臓 >
  4. 胆石症 >
  5. 胆のうや胆管に石ができる!症状と治療法まとめ

気になる病気・症状

胆のうや胆管に石ができる!症状と治療法まとめ

 

「胆のうと胆管」は、名前を知ってはいてもその機能については、あやふやな方が多いと思います。

胆のうと胆管は、脂肪を分解する手助けを行う胆汁(たんじゅう)を送る働きをしています。肝臓から十二指腸への橋渡しをする臓器ですが、そこに出来てしまう結石を、胆石と呼びます。

 

痛みがあったり、かなり痛かったりと場所によって痛みも違うそうですが…。

胆管結石が出来てしまったら、どうすればよいのでしょうか。

 

○ 胆石症とは

胆汁は、胃から十二指腸へ送られてきた脂肪を分解するのを助ける役割を果たします。

この胆汁に含まれる、コレステロールやビリルビン、カルシウムなどが固まってしまい大きく結晶となったものを、胆石と呼びます。

 

胆石(結石)の出来る場所によって名前が変わります。

 

◆ 胆内胆管結石:肝臓内の胆管にできたもの

◆ 胆のう結石:胆のう内にできたもの

◆ 胆のうから総胆管や、総胆管にできたもの:総胆管結石

 

症状は、胆石症は、胆のうの中にあると症状が全くない場合もあります。

また、胆管に小さいまま移動し、無事小腸に流れて行けば、無痛で終わります。

しかし、胆石発作をおこす、炎症がおこるなどの激しい痛みを伴う場合もあります。

 

○ 胆石症の治療法

胆石が体内にあったとしても、痛みや症状がなければ基本的に経過観察となります。

しかし、胆道感染症(胆のう炎や胆管炎)を起こしてしまっている場合、急激な痛みを伴う胆石発作を起こしている場合などには、治療が適応されます。

 

◆ 胆石発作の治療

鎮痛薬などの、内服薬を処方されます。

発作が治まれば、食事療法などで経過を見ながら、摘出するのか否かなど、医師と相談します。

 

◆ 薬物治療

胆石を溶かす薬を飲みます。しかし、ほとんどの場合で完全に除去するのは極めて難しいため、他の治療法と併用されることが多いです。

 

◆ 超音波破砕治療

体外衝撃波胆石破砕術(ESWL)と呼ばれる手法で、体の外から超音波を当てることで、胆石を砕きます

体にメスを入れなくていい事から、患者への負担は少ないと言えます。

しかし、100%コレステロールからできている胆のう結石のみへの適応であり、日本人には少ない事、そして壊すだけで腸へ流れることは自然に任せることからも、再発の可能性が高いとされています。

 

◆ 手術治療

胆のう摘出手術が行われています。ほとんどが、腹腔鏡手術になっています。

胆のうを残す手術は昔行われていましたが、再発することが多いため、現在では胆のう摘出が主になっています。

 

 

コレステロールを含む結石が多いことからも、コレステロールの高い食事を摂ることが胆石症の原因のひとつとも言われています。

胆石回避のためにも、そしてメタボ対策のためにも、栄養バランスのとれた食事が重要ですね。

 

[Photo by //www.irasutoya.com/2013/02/blog-post_3737.html]

著者: rippleさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胆石症に関する記事

胆石・胆嚢ポリープは『リンゴ酸』で溶解し、『オリーブオイル』で流すことが出来る?

脂っぽい食事を頻繁に食べていたり、逆に極端に食事を抜くなどで胆嚢に胆汁が滞留し...

高コレステロールの方は要注意?胆石症・胆管結石の原因とは?

  肝臓から十二指腸へ、脂肪を分解する手助けを行う胆汁(たんじゅう)を送る...


胆石症・胆管結石におすすめの食事

  体内にできる石を結石といいます。 その中でも、脂肪を分解する手助けを...

胆石って一体何?胆石ができるメカニズムと症状まとめ

  胆のうと胆管は、脂肪を分解する手助けを行う胆汁(たんじゅう)を送る機能を持...

カラダノートひろば

胆石症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る