カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 全身 >
  4. 膠原病 >
  5. 全身性エリテマトーデス(SLE)とは

気になる病気・症状

全身性エリテマトーデス(SLE)とは

 

全身性エリテマトーデスという病気をご存知でしょうか。

Systemic lupus eryhtematosusの頭文字をとってSLEと呼ばれる、全身に様々な症状が現れる自己免疫疾患です。

 

○ 全身性エリテマトーデス

本来は、細菌やウイルスなど、外敵を攻撃するための免疫システム・抗体が、細胞の核成分などに攻撃を加えるようになることから、全身に様々な症状が出る病気です。

紫外線や感染症、手術や怪我、妊娠出産、薬剤などの様々な原因によって、免疫異常が起こると考えられています。

また、双子の研究などから、遺伝要因もあるとされています。

 

英語名のLupusは狼、eryhtematosusは紅斑(赤い発疹)を表す言葉。

まるで狼にかまれたような赤い発疹が、全身に出てくるという一症状を示しています。

 

日本での患者数は、3万人前後、1:9の割合で、女性に多く、特に10代から30歳ぐらいまでの若い女性に多いと言われています。

 

○ 全身性エリテマトーデスの症状

 

・高熱が続く

・関節が腫れて痛む

・口内炎

・日光過敏症:紫外線により発疹、水ぶくれ、熱

・皮膚に赤い紅斑、丸く盛り上がった赤い発疹

・心臓、肺、肝臓、腎臓、膀胱など様々な臓器に炎症

・うつ病、痙攣、不眠、頭痛など

・白血球減少、赤血球減少の貧血、出血傾向

・脊髄炎、末梢神経炎など

 

全身のあらゆる臓器、組織が抗体のターゲットとなってしまうため、炎症や障害が起こります

 

○ 全身性エリテマトーデスの治療

全身の炎症を抑える治療がメインとなります。

そのため、ステロイドを中心に据え、炎症を抑えて行くことになります。

 

ステロイドの長期服用は、副作用が様々指摘される部分ではあります。

ですが、SLEの症状を抑える方を優先させ、場合によっては減らしたりしながらも、付き合っていくことが重要です。

 

また、患者によって炎症が出る部分、その重症度などは異なります。

そのため、対症療法や、生活指導で補える部分(日光過敏症には紫外線の避け方など)も加味しつつ、治療を行っていきます。

 

現在は、分子標的薬なども含め、新たな治療法の研究が加速しています

今まさに、ステロイド開発に続く、ブレークスルーの段階に来ているという指摘があります。

信頼できる医師・医療スタッフに相談し、治療を行っていきましょう。

 

[Photo by //www.irasutoya.com/2012/12/blog-post_6335.html]

著者: rippleさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

膠原病に関する記事

自宅でも血球数を自己測定できる!その必要な器具と手順について

シェーグレン症候群は、乾燥症状・慢性疲労・関節痛を中心とした自己免疫疾患です...

『鍼灸刺激』によって免疫寛容は起こせる?!自己免疫疾患の動物実験結果について

近年、自己免疫疾患の発症に関与する重要なサイトカインとして『IL-17』の存在...


シェーグレン症候群と妊娠・出産

ドライアイや口内の乾燥、皮膚乾燥など、全身の乾燥が起こるシェーグレン症候群。 ...

弱いステロイドのような効果?「ジインドリルメタン(DIM)」とは

抗炎症剤の中でも最も強力に炎症を抑えることのできるものといえば「ステロイド剤...

カラダノートひろば

膠原病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る