カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

気になる病気・症状

白血病によい食事

急性白血病に慢性白血病、どちらも骨髄で血球の増殖がコントロールを失った状態です。抗がん剤治療も含め、長い治療になることも珍しくありません。

 

食事で抵抗できるもの、防げるものがあれば、防ぎたいですよね。

 

◆ 急性白血病と慢性白血病とは

血液中には、赤血球や白血球、血小板など様々な血球が存在します。これらはみな、骨髄において造血幹細胞といわれる肝細胞から分化・成熟して生まれてきます。

 

もちろん、この分化・成熟はコントロールされているのですが、遺伝子変異を起こした造血細胞が、コントロールを失い増殖してしまったものが「白血病」です。増殖した造血細胞(白血病細胞)は、正常な造血を阻害し、骨髄だけでなく、血液中にも溢れだしていきます。

 

この中で、未熟な状態のものが増殖するのが「急性白血病」、分化能を保っているものの、増殖の抑制が利かなくなっているのが「慢性白血病」です。

 

慢性白血病においては、分化能を保っているとはいっても、顕微鏡観察でそう見えるだけで、実際には正常な血球と同等の機能を果たせない血球が多くあります。

 

慢性白血病が、急性転化を起こして急性白血病のような症状になることはありますが、急性白血病が慢性化することはありません。

 

どちらも血液のがんといわれる白血病ですから、抗がん剤治療を含め、長い治療が必要となります。

 

◆ 白血病によい食事

がんは、最初何らかの原因が、細胞内のDNA=遺伝子を攻撃、変異させてしまい、無限増殖するがんの芽を形成します。例えば、活性酸素や煙草に含まれるニコチン、タール、そしてウイルスなどなど。

 

このように原因は多くありますが、通常は免疫の働きによって、変異したDNAは修正されます。また、最初のがん細胞も異物として認識され、破壊されます。ところが、免疫機能が低下していると、うまく芽をつぶせません。

 

そうするとその芽が成長し、大きな木=がんとなってしまうのです。つまり、がんを防ぐには、風邪を防ぐのと同様に免疫力を高めておく必要があるのです。

 

○ 免疫力を高める食品

にんにく、ねぎ、バナナ、キャベツ、とうがらし、きのこ類など

 

○ 抗酸化作用を持つ食品

赤ワイン、ムラサキイモ、赤シソ、お茶、クランベリー、スイカなど

 

○ 抗がん作用を持つ食品

 ブロッコリー、キャベツ、トマト、きのこ類、ネギ、大豆など

 

もちろん、栄養バランスの整った食事、というのも大前提ですね。

 

◆ アルコールに注意

アルコールは、食道管や胃腸、肝臓などに分解の負担をかけます。

 

1日日本酒で1合、ビールなら大瓶1本など、適量を飲むようにしましょう。飲み過ぎは、脂肪肝や肝硬変などのリスクだけでなく、がんの発症リスクも高めてしまいます。 

 

いつもの食事を、免疫力のある食材に置き換えつつ、風邪予防と同時にがん予防も行いましょう。

[Photo by //www.ashinari.com/]

著者: rippleさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

白血病に関する記事

白血病治療法の将来

  ■白血病を治療すると言うことは、現在、癌化によって発生した白血病細胞を全て...

慢性白血病とは

  「急性白血病」という病気は、耳にする機会も多いと思います。 急性があ...


ウィルスを原因とする白血病

  ■白血病になるのは放射線被曝や化学物質の影響による遺伝子異常が原因であるこ...

白血病の治療法としても期待!ペプチドワクチン療法

     「樹状細胞ワクチン療法」の難点を持たない「ペプチドワクチン療法」とは?...

カラダノートひろば

白血病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る